*

最強のふたり(2012年)

公開日: : 最終更新日:2020/11/28 伝記/実話に基づく ,

最強のふたり(2012年)

事故で首から下が麻痺している大富豪のフィリップは、介護者を面接。失業手当目当てに不採用の証明書を出せとふざけたことを言う、無職の黒人青年ドリスに逆に興味を持って採用する。ドリスは貧民街に住み前科もあり、つまりフィリップとは住む世界が違ったが、他人の同情にうんざりしていたフィリップは、自分に同情せず思ったことをはっきり言い、嘘や偽善を憎むドリスを気に入る。2人は、いつしか信頼し合える仲になっていく。

フィリップが障害者で妻と死別したという状況は悲劇的だが、しかし作品全体はコミカルで、笑えるところが随所にある。冒頭は、ドリスがフィリップを助手席に乗せてアルファロメオで公道を疾走し警察に追いかけられるのだが、これは2人によるゲーム。ドリスはフィリップが発作を起こしていて病院に向かうところだったと言い、フィリップはそれに合わせて発作のふりをする。挙げ句、警察に先導させて病院へ(笑)。

ほかにも、タバコを吸わせたり、車椅子を改造してセグウェイよりスピードが出るようにしたり、と、常識的には障害者に対してしないようなことをドリスは平気でする。フィリップも、障害者として気を使われ大事にされ長生きするよりも、冒険ができていることの方を喜んでいる。

登場人物の話すことばがフランス語とわかるのに時間がかかり(汗)、エッフェル塔が見えたことでやっとフランス/パリが舞台とわかった。出演している人はまるでわからなかったが、フィリップ役はフランソワ・クリュゼという人で、風貌がダスティン・ホフマンに似ている。ドリス役はオマール・シーで、この人はその後「ジュラシック・ワールド」「インフェルノ」といったハリウッド作品に出演している。

この物語、映画用に脚色はされてはいるものの、実話がもとになっているとのこと。モデルになった2人がラストに登場し、フィリップは再婚、ドリス(のモデルになった人)は会社社長という、近況が紹介される。

関連記事

グリーンブック

グリーンブック(ネタバレあり)

1962年のニューヨーク。ナイトクラブで用心棒をしている、トニー・ヴァレロンガ。クラブが閉鎖

記事を読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年)

ロンドン。家庭環境の問題をまぎらわすため、ジェームズは麻薬に手を出してはやめ、を繰り返し、路

記事を読む

ハドソン川の奇跡(2016年)

2009年1月。ラガーディア空港を離陸した1549便は、鳥の群れに遭遇。鳥が両翼のエンジンに

記事を読む

トゥームストーン(1993年)

元保安官のワイアット・アープは、妻や兄弟らと共に平穏な暮らしを望んでアリゾナ州のトゥームスト

記事を読む

サン・オブ・ゴッド

サン・オブ・ゴッド(ネタバレあり)

イエスは12人の使徒と共に教えを説き、立つことすらできなかった女性の足を直し、カゴを掲げただ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑