*

エージェント・オブ・シールド

エージェント・オブ・シールド

・シネマティック・ユニバースのスピンオフドラマとして、世界平和維持組織S.H.I.E.L.D.が怪事件に挑む「エージェント・オブ・シールド」がある。「アイアンマン」「マイティ・ソー」にも出演し、「アベンジャーズ」でロキに殺されてしまったエージェント・フィル・コールソンが、タヒチ計画によって蘇生したところからスタートする。

シールドの少数精鋭部隊は、コールソン以外はこのドラマのためにキャスティング。しかし、ニック・フューリーやマリア・ヒルといったエージェントや、ソーの部下で女戦士のシフなど、シネマティック・ユニバースがらみのキャラクターも同じ俳優でゲスト出演。ペギー・カーターも、回想シーンでちょこっとだけ出演する。また、劇中のエージェント同士の会話の中でも、「バナー博士が使っていたラボ」「ニューヨーク決戦(アベンジャーズでの戦い)」などがあり、聞いていてニヤリとさせられる。

しかし、ツッコミどころもある。「アベンジャーズ」ではかなり立派な組織として機能しているシールドだが、こちらのドラマでは簡単に悪の組織ヒドラに潜入を許している(ヒドラも、シールドのエージェントの潜入を許している)。また、国連もアメリカ大統領も関知しておらず、運営の資金源はどうなっているんだと思ってしまう。敵対するヒドラは、幹部が世界の財界に通じている大物という表の顔があり、これで資金についてはいちおう説明がつく。

エージェント・カーター」は残念ながらシーズン2で打ち切りになってしまったが、こちらは好評の様子。各シーズン22話まであり、つまり2クール単位の放送だが、現在までシーズン4まで放送されており、シーズン5の制作も決まっているとのこと。ワタシは、現在シーズン3の中盤まで観ている。

シーズン1は、怪事件の背後にいたヒドラとの対決と並行して、タヒチ計画の秘密が徐々に明らかになる。シーズン2は、ハッカーからシールドのエージェントになった女性スカイが、特殊能力を持ったインヒューマンであることが明らかになる(彼女の父親を演じているのはカイル・マクラクラン)。シーズン3は、死の星に飛ばされていたインヒューマンがヒドラのトップになり、シールドと対決する。

シネマティック・ユニバース劇場公開作品ほどの派手さ・豪華さはないが、テレビドラマとしては豪華すぎる。また、劇中の時間軸もシネマティック・ユニバース作品と並行していて、親戚のような関係にあるのではと思っている。

関連記事

アイアンマン3(2013年)

アベンジャーズとしての戦いから7ヶ月。トニー・スタークは自社の経営をパートナーのポッツに任せ

記事を読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(ネタバレ注意)

まさかのバッドエンド。続編「アベンジャーズ4」の制作・公開が決まっているとはいえ、ここまでや

記事を読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)

母を亡くした少年ピーター・クイルは、その直後に宇宙海賊ヨンドゥによって地球から連れ去られる。

記事を読む

アイアンマン2(2010年)

前作のラストで自らがアイアンマンであることを公表した、トニー・スターク。政府からのアイアンマ

記事を読む

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)

第二次大戦中の1942年。ナチスのヨハン・シュミットは、強大なエネルギーを持つキューブを発見

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑