*

ミューズ(Muse)@フジロック’15

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Fuji Rock Festival'15 , ,

フジロックとサマソニに交互に出演する、日本にフレンドリーなミューズ。フジ出演は5年ぶりだ。土曜夜ヘッドライナーということもあり、グリーンステージはぎっしり人で埋まった。

ほぼ定刻に開演。ミューズの3人は、いずれも黒い衣装。サポートは、ひとりだけだったと思う。新譜『Drones』からの[Drill Sergeant]~Psychoでスタート。バックドロップおよび両サイドのスクリーンは、映像をモノクロで映し出している。

これまでのツアーなら終盤ギアチェンジの役割を果たしていた『Plug In Baby』を前半で早くも放ってしまい、ショウは早くも沸点に達した。マシュー・ベラミーは、曲の終盤でギターを後頭部に持っていって弾いていた(寺内タケシか/笑)。

『Drones』がギターロック全開なこともあってか、バンドもそのモードになっているようだ。マシューとベースのクリスは、何度となくドミニクのドラムセットに近寄ってはタイミングを取っていて、横綱相撲のライヴをしているにもかかわらず、初心を再確認しているようにも思えた。

意外だったのは、マシューが袖に捌けてクリスとドミニク、言わばリズム隊ふたりによるジャムセッション『Munich Jam』が繰り広げられたこと。このバンドでマシューを欠いた状態で演奏するのは、かなり新鮮だ。

本編終盤では、黒い風船がオーディエンスの方に放たれ、なんとマシューがギターを放り投げて終わった(当然ギターは壊れた)。アンコールは『Madness』で幕を開け、続く『Mercy』では紙吹雪が飛んだ。オーラスは、クリスの笛をイントロとする『Knights Of Cydonia』。サビの歌詞がスクリーンに浮かぶのは、お馴染みの光景だ。

セットリスト
[Drill Sergeant]
Psycho
Supermassive Black Hole
The Handler
Plug In Baby
Dead Inside
Uprising
Interlude
Hysteria
Munich Jam
Citizen Erased
Apocalypse Please
Starlight
Time Is Running Out
Reapers
Encore:
Madness
Mercy
Knights Of Cydonia

ミューズは日本のフェス出演もコンスタントなら、単独来日もコンスタントだ。とすれば、次の来日はどのキャパシティになるだろう。武道館もさいたまスーパーアリーナも制覇している彼らなので、今度は幕張メッセを9番から11番までぶち抜きでオールスタンディングでやることになるかな。

関連記事

フジロック’15(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 天気予報、および前夜祭のときに雷を伴う激しい雨が降ったことなどから、雨中の開催を覚悟した。

記事を読む

ベル・アンド・セバスチャン(Belle And Sebastian)@フジロック’15

ミューズ終了後に急いでホワイトステージに移動。ベルセバのライヴは既に終盤だったが、それでも30分くら

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)@フジロック’15

10年ぶりのフジロック。7年ぶりの来日。なのに、先月デイヴ・グロールをアクシデントが襲う。来日キャン

記事を読む

フジロック’15、2日目スタート

晴れ!人も多い。

記事を読む

シアターブルック@フジロック’15

なんと、オープニングで『ありったけの愛』! タイジは早速セミアコをかき鳴らし、エマーソン北村の名人

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑