*

her 世界にひとつだけの彼女、雑感

公開日: : 最終更新日:2015/11/15 her 世界にひとつだけの彼女

劇場で観ている最中は、わりかし冷静だった。ここでこうなってくれてよかった、この描き方が自然だ、と、確認するように観た。終わって劇場を出た直後は、なかなかことばにできなかった。著名人が絶賛するのとは、ちょっと違うという感触を覚えていた。

結論から言えばとても素晴らしい作品なのだが、自分の頭の中で整理するのにかなり時間がかかった。行き着いたのが、素晴らしさの根幹はやはりサマンサにあり、そこに2つのポイントがあるということだ。

ひとつめは、サマンサの設定だ。コンピューターであり、肉体を持たず、声だけの存在という設定を、最後まで貫き通した。よくありがちな、人間の女性の顔をイメージしてモニターに映すとか、セオドアに近い誰かの意識がインプットされたとか、実はセオドアを想う女性が声を吹き込んでいたとか、というオチにはしなかった。

ふたつめは、サマンサを演じたスカーレット・ヨハンソンの、「声の演技」だ。この作品、ルーニー・マーラ(「ドラゴン・タトゥーの女」)、エイミー・アダムス(「アメリカン・ハッスル」「マン・オブ・スティール」)、オリビア・ワイルド(「タイム」「トロン:レガシー」)と、ただでさえ女優陣が充実している。なのにスカーレットは、彼女たちを声だけでしのいでいる。

もともと撮影時は別の女優(サマンサ・モートン)が担当していたとのことで、それが編集段階になって監督のスパイク・ジョンズが違和感を覚え、30人ほどオーディションして彼女に決めたのだそうだ。

ソフトな語り口だが、時にはセクシー、しかし、機械らしく無感情なときもある。字幕スーパーで見ていても、演者の声にはあまり気がいかないものだが、今回は彼女の声がものすごく重要だ。ワタシは、劇場公開中の洋画は字幕スーパー版で見ることにしているが、今回ほどそれがよかったと思ったことはない。

ロスト・イン・トランスレーション」「アイアンマン2」「幸せへのキセキ」「アイランド」など、それまで彼女が出演している作品をいくつか見てきているが、正直言って、あまり興味を持つことはなかった。しかし、しかし、今回の彼女はほんとうに素晴らしい。この作品の続編、作ってほしいが・・・、無理かなあ。

No tags for this post.

関連記事

her 世界にひとつだけの彼女

her 世界にひとつだけの彼女(ノベライズ版)

先日劇場で観たSF恋愛映画だが、それだけに飽きたらず、書籍を探していた。ノベライズ版(映画を

記事を読む

her 世界にひとつだけの彼女

her 世界にひとつだけの彼女(ねたばれあり)

代筆ライターのセオドアは、幼馴染みのキャサリンと結婚しかつては幸せな生活を送っていたが、現在

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑