*

ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)『Live In Chicago』

公開日: : 最終更新日:2022/05/29 Jeff Buckley , ,

ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)『Live In Chicago』

1997年に亡くなったシンガーソングライター、ジェフ・バックリィのライヴDVDを観た。95年にシカゴのライヴハウス「メトロ」でおこなわれた公演で、この会場は2000年にスマッシング・パンプキンズが解散ライヴをおこなったところだ。

バンドは、ステージ中央にドラム、向かって右にベース、ギター、向かって左にジェフという構成。ジェフは、ほぼ全曲でギターを弾きながら歌っていた。この時点でリリースされたアルバムは『Grace』1枚のみ。よって、セットリストはおのずとこのアルバム中心になる。

『Mojo Pin』『So Real』でのエモーショナルなジェフのヴォーカルが素晴らしく、生でライヴを体験できなかったことを悔やんでしまう。ジェフは特にステージアクションがあるわけでもなく、ほぼ直立不動で歌っているのだが、響き渡る声は唯一無二だ。時折、軽いジョークを交ぜたMCも入れていた。

ほとんどの曲がミディアム調で歌主体のスタイルにつき、ラウドでアッパーなMC5『Kick Out The Jams』のカヴァーは意外だった。また、終盤の『Vancouver』は、死後リリースされた『Sketches For My Sweetheart The Drunk(素描)』に正式収録。この時点では、曲はできていたものの詞は未完だったようで、インストバージョンだった。これも貴重。

ラストは、バンドメンバーが捌けてジェフひとりになった状態での『Hallelujah』。レナード・コーエンによるこの名曲は、ボブ・ディランやU2ボノといった大御所を筆頭に数多くのアーティストにカヴァーされている。もちろんすべてのカヴァーを聴いたわけではないが、ジェフのバージョンは飛び抜けて素晴らしい。この人の声質が曲にフィットしすぎているのだ。

特典映像は、2曲のアコースティックライヴと『Grace』制作の裏側を追ったドキュメンタリーだった。後者は本人解説で、幼少期に音楽に触れた記憶や、アーティストとしてデビューするまでの過程などが語られる。『Hallelujah』カヴァーのきっかけは、オリジナルのレナード・コーエンではなく、友人にジョン・ケイルのバージョンを薦められて聴いたことだそうだ。

本作のリリースに携わっているのは、ジェフの母とバンドのギタリストでもあったマイケル・タイだった。マイケルは、その後リアム・ギャラガーのアルバムにも参加している。

関連記事

ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)『Hallelujah』がフィギュアで使われていた

平昌オリンピックが昨日で閉幕。日本勢の躍進が目覚ましい一方、選手にとっては過酷な環境になった

記事を読む

ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)『Grace(Legacy Edition)』

1997年に亡くなったジェフ・バックリィが、生前に発表したアルバムは1994年の『Grace

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑