*

Ray/レイ(2004年)

公開日: : 最終更新日:2021/06/10 伝記/実話に基づく

Ray/レイ(2004年)

映画『Ray/レイ』を観た。R&Bの巨人、レイ・チャールズの半生を描いた作品だ。

レイは幼少時に弟の溺死を目の当たりにしてしまい、それがトラウマとなってやがて盲目になってしまう。しかし早くから音楽の才能は際立っていて、10代でデビュー。盲目であるレイを利用しようとする連中から離れ、やがて自らのバンドを率い、音楽的にもゴスペルをラヴソングとして歌う新しい音楽(=ソウル)を生み出すなどして、高みに上り詰めていく。

映画は必ずしもレイを偉大な音楽家として描いているわけではなく、陰の部分も描いている。麻薬中毒になるわ、妻子があるにもかかわらずバンドのコーラスの女性に手を出すわと、やることやってる。しかし、常に自分が盲目であることに怯え、弟の死が夢に出てきては苦悩する。

レイを演じているのは、ジェイミー・フォックス。劇中で年を重ねて行くにつれ、どんどんハマっていっているのがわかる。映画はレイ・チャールズの存命中に制作され、本人も現場を訪れてはジェイミー・フォックスを絶賛したとのこと。しかしレイは映画の完成を見ることなく、同年6月に肝臓がんで死去。73歳だった。

蛇足だが、レイがアトランティックレーベルに在籍していた頃、レコーディングに携わっていたトムと呼ばれていた青年がいた。この人は、恐らくトム・ダウドだと思う。エリック・クラプトンの『Layla(いとしのレイラ)』をミックスした人だ。

関連記事

リリーのすべて(2015年)

1920年代のデンマーク。肖像画家のゲルダは、夫で風景画家のアイナーに、来られなくなった女性

記事を読む

ハドソン川の奇跡(2016年)

2009年1月。ラガーディア空港を離陸した1549便は、鳥の群れに遭遇。鳥が両翼のエンジンに

記事を読む

グリーンブック

グリーンブック(ネタバレあり)

1962年のニューヨーク。ナイトクラブで用心棒をしている、トニー・ヴァレロンガ。クラブが閉鎖

記事を読む

サン・オブ・ゴッド

サン・オブ・ゴッド(ネタバレあり)

イエスは12人の使徒と共に教えを説き、立つことすらできなかった女性の足を直し、カゴを掲げただ

記事を読む

イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(ネタバレあり)

1951年。数学者アラン・チューリングの自宅が荒らされた。アランは警察の取り調べを受ける中、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑