*

ソルト(2010年)

公開日: : 最終更新日:2020/09/22 スパイ・探偵・刑事

ソルト(2010年)

ロシアからの亡命者オルロフが、CIAに確保された。オルロフは、ロシアからイヴリン・ソルトという名のスパイが送り込まれ、訪米中のロシア大統領を暗殺すると告げる。そしてイヴリン・ソルトは、オルロフを尋問していたCIAの諜報員だった。一転して同僚から追われる身となったソルトは、夫マイクの身を案じつつ追手から逃れ、髪の色を変えて手際よく銃器を準備する。

公開時に劇場で観た作品だが、その前に「インセプション」を劇場で観た際の予告編から、ストーリーはああなってこうなるだろうと予想していた。しかし思った以上に展開が早く、ワタシが思い描いたところには中盤で達してしまった。その後も二転三転する、期待以上の内容だ。ラストは、ハリウッド映画お決まりと言っていい、続編作ります的な終わり方になっている。

ソルトを演じるは、。「トゥームレイダー」然り、やはりこの人はアクションものが映える。しかし、いくら優秀なスパイとはいえ、男相手に強すぎるだろというツッコミも入れたくなる。さて、もし続編が制作されれば、そのときには裏の組織の全貌が明確になると思われるし、またエヴリンの夫マイクがキーマンになりそうな気がする(が、2020年現在続編は制作されていない)。

関連記事

レッド・スパロー(2018年)

ロシアの天才バレリーナのドミニカは、演技中の事故により足を負傷。バレリーナとしての道を断念す

記事を読む

J・エドガー(2012年)

老年のJ・エドガーは、部下に命じて回顧録を記述させる。若い頃司法省で働きながらFBIを設立さ

記事を読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(ネタバレあり)

1953年、スターリン独裁政権下のソ連。理想国家がうたわれ、殺人は西側諸国による野蛮な行為で

記事を読む

L.A.ギャング・ストーリー(2013年)

1949年のロサンゼルス。マフィアのボス、ミッキー・コーエンとその巨大犯罪組織を撲滅するため

記事を読む

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン(1985年)

ニューヨークのチャイナタウンでマフィアの抗争が勃発し、それを鎮静するためにひとりの刑事が赴任

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑