*

007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年)

公開日: : 最終更新日:2020/11/08 007シリーズ ,

007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年)

引退してスパイ学校で講師をしていたジェームズ・ボンド。MI6のMにより、復帰とリハビリ、訓練を命ぜられる。一方、犯罪組織スペクターの首領ブロフェルドは、「アラーの涙作戦2」と称してNATOの核ミサイル2機を強奪する。

ボンドは核ミサイル奪還の任務につき、バハマへ向かう。大富豪ラルゴは実はスペクターの幹部で、ドミノという女を愛人にしていた。核ミサイル強奪に利用された後に暗殺されたジャックは、ドミノの兄だった。ボンドはカジノにてそれとなくドミノと知り合い、そしてラルゴとも面通しする。

1971年公開の「ダイヤモンドは永遠に」でボンド役を卒業したはずのショーン・コネリーが、突如として復帰。そしてこの作品は、番外編とされている。正編と番外編との区別はなんだろうと思い調べてみると、「ドクター・ノオ」から「スペクター」までの007シリーズ24作を手がけているのはイオンプロダクションで、ほかのプロダクションが制作した本作は番外編になるそうだ。脚本の共同執筆者間で、権利関係でいろいろともめていたらしい。

ストーリーも、核ミサイル、バハマ、ラルゴ、ドミノと、聞きおぼえのあるキーワードばかり。つまり、シリーズ4作目「サンダーボール作戦」のリメイクにもなっている。が、時代の流れによる映像技術の向上もあってか、視覚的にはこちらの方が格段に見やすい。その一方、ラルゴとボンドとのゲーム対決や、その後のボンドとドミノとのダンスシーンなどは、以前には見られなかったコミカルなタッチだ。

M、Q、マネーペニー、CIAのフェリックスなど、お馴染みの面々が登場するが、演じるのは正編とは別の人。バハマ在住の英国大使館員が、なんと「ミスター・ビーン」のローワン・アトキンソンだった。若い。そしてボンドガールのドミノは、キム・ベイシンガー。この時点ではほぼキャリアの出だしだが、2年後に「ナインハーフ」に出演して、一気に顔と名前を売る。

関連記事

007は二度死ぬ(1967年)

アメリカとソ連の宇宙船が謎のロケットに捕らえられる事件が発生。米ソは互いに相手国の仕業と考え

記事を読む

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999年)

ジェームズ・ボンドは、石油王ロバート・キングの大金回収に成功。しかし大金には爆弾が仕掛けられ

記事を読む

007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)

英国の諜報船セント・ジョージが、何者かの攻撃を受けて沈没させられる。セント・ジョージにはミサ

記事を読む

007 サンダーボール作戦(1965年)

犯罪組織スペクターは、NATOから原爆を搭載した爆撃機を強奪。英米首脳に対し、一週間以内に1

記事を読む

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(ネタバレ注意)

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(少しネタバレ)

MI6を離れ、マドレーヌと共にイタリア南部に向かったジェームズ・ボンド。ヴェスパーの墓を訪れ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑