*

007 スペクター(2015年)

007 スペクター

メキシコシティで開催中の祭の中、007ことジェームズ・ボンドはスキアラという男を襲い、最終的には紋章の入った指輪を奪ってヘリコプターから突き落とした。これは、前作「スカイフォール」のラストで絶命した前任のMからの遺言だった。ボンドはイタリアへ行き、スキアラの未亡人に接近。彼女の身の安全を保障する代わりに、組織の秘密会議を聞き出して潜入する。

しかし会議中にボンドの正体がばれてしまい、あえなく脱出。その後、前々作「慰めの報酬」での敵だったMr.ホワイトがキーマンと知って接近。ホワイトは組織のリーダーであるオーベルハウザーと対立して瀕死の状態にあり、ボンドには娘のマドレーヌを守ることを条件に、組織の秘密につながるヒントを教えて自決。接触してきたボンドに、マドレーヌは組織の名前が「スペクター」であることを告げる。

劇場版007シリーズの、現時点での最新24作目にあたる。今回はメキシコシティからはじまってローマ、オーストリア、モロッコを経て、決戦の地がロンドンになっている。前作で爆破されてしまった旧MI6本部をはじめ、テムズ川周辺がクライマックスでのスペクターとの戦いの地になっている。

キャストは、ジェームズ・ボンドをダニエル・クレイグ。ボンド役はこれが4作目だ。Mは前作のラストで就任したマロリーで、レイフ・ファインズ(『』シリーズのヴォルデモート)。前作に引き続き、ベン・ウィショーがQとして登場する。今回のボンドガールはマドレーヌで、レア・セドゥという人が演じている。

スペクターのリーダー、オーベルハウザーはクリストフ・ヴァルツ。ボンドを追い詰めるスペクターの巨漢殺し屋に、デイヴ・バウティスタ。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のドラックスの人だ。MI5のリーダーでスペクターとも通じていたCが、なんとアンドリュー・スコット。ドラマ「SHERLOCK」でシャーロック・ホームズの宿敵モリアーティを演じていた人。驚いた。

主題歌はサム・スミス。劇中未採用ながら、レディオヘッドが書いたバージョンもあって、バンドやトム・ヨークのソロライブで、ちょくちょく演奏されている。

公開当時、ダニエル・クレイグがボンドを演じるのはこれが最後では?とよく言われていたが、どうやら続投が決まったようだ。

関連記事

007 ドクター・ノオ(1962年)

ジャマイカで、英国情報機関MI6のストラングウェイと秘書が何者かに暗殺される。2人は、アメリ

記事を読む

007 オクトパシー(1983年)

東ベルリンに潜入していた英国諜報員009は、大使館にファベルジュの卵(偽物)を持ち込んで死亡

記事を読む

007 カジノ・ロワイヤル(1967年)

映画化された007シリーズは24本あり、10月から公開された『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2

記事を読む

007 リビング・デイライツ(1987年)

訓練中のMI6諜報員が何者かに殺害され、ジェームズ・ボンドは格闘の末その男を返り討ちに。その

記事を読む

007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年)

引退してスパイ学校で講師をしていたジェームズ・ボンド。MI6のMにより、復帰とリハビリ、訓練

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑