*

007 慰めの報酬(2008年)

公開日: : 007シリーズ

007 慰めの報酬(2008年)

ヴェネチアで金の入ったトランクを奪ったミスター・ホワイトを捕らえた、ジェームズ・ボンド。組織の追手を振り切り、シエーナのMI6のアジトでホワイトを尋問するが、突如仲間が裏切り、ホワイトは逃亡してしまう。ボンドは裏切り者を殺し、所有物から手掛かりを得てハイチに飛ぶ。

ボンドは、ハイチでカミーユという女性と接触。彼女は元恋人のドミニク・グリーンを通じてボリビアのメドラーヌ将軍に近づくが、ボンドは彼女を引き離す。ドミニクは表向き環境団体の代表だが、裏では組織の幹部としてメドラーヌを支援しつつ、ボリビアの資源採掘の利権を得ようとしていた。

ダニエル・クレイグがボンド役になってからの、2作目になる。中盤、殺人犯に仕立てあげられたり、容疑者を生け捕りにできず何人も殺害してしまい、Mから任務解除されかけるなど、何度か窮地に陥る。しかし鋼の精神は揺らぐことはなく、自身はドミニクを追い詰め、カミーユにはメドラーヌへの仇討ちのアドバイスをする。

ボンドガールのカミーユは、オルガ・キュリレンコ。個人的には「オブリビオン」のヒロインのイメージが強く、その後「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」「9人の翻訳家」でも観ているが、時系列ではカミーユ役が最も早い。肌が褐色で見た目の印象が独特なのと、家族をメドラーヌに殺されて復讐心に満ちている役柄は、上記の作品での役柄とはダブらない。

主題歌は、ジャック・ホワイトとアリシア・キーズ。男女デュエットは、シリーズ初かな。ロック色とコンテンポラリー色が程よくミックスされつつ、シリーズの主題歌を継承した曲調は、してやったりだろうか。

冒頭が、ミスター・ホワイトを追い詰めた前作「カジノ・ロワイヤル」のラストから直結。また、亡くなったヴェスパーの名前が何度も出てくるなど、ストーリー的には実質的に前作とセットになっていて、2つの作品の連続性を保持するのは、シリーズ初だと思う。観る順番を誤ると、ややこしいことになる。

中盤、ドミニクはハイチからチェコのプラハに飛び、オペラを観ながら観客として集まった組織幹部や各国要人に、採掘利権についてのプレゼンをおこなう(そしてボンドに妨害される)。この場にはミスター・ホワイトの姿も確認でき、MI6やCIAが標的とするべき組織の輪郭が、徐々に見え始めてくる。組織名は、ここでは「クァンタム」となっているが、次作以降で少しずつ明らかになっていく。

関連記事

007 消されたライセンス(1989年)

盟友であるCIAのフェリックス・ライターの結婚式に出向いたジェームズ・ボンド。そこへ麻薬王サ

記事を読む

007 スカイフォール(2012年)

MI6のエージェント、007ことジェームズ・ボンドは、トルコで漏洩した情報を入手した敵と格闘

記事を読む

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999年)

ジェームズ・ボンドは、石油王ロバート・キングの大金回収に成功。しかし大金には爆弾が仕掛けられ

記事を読む

007 ドクター・ノオ(1962年)

ジャマイカで、英国情報機関MI6のストラングウェイと秘書が何者かに暗殺される。2人は、アメリ

記事を読む

女王陛下の007(1969年)

スペクターの首領ブロフェルドを捜索中のジェームズ・ボンドは、トレーシーという女性と出会う。彼

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑