*

SHERLOCK(シャーロック)(2)

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 シャーロック・ホームズ

SHERLOCK / シャーロック

ワタシは原作を読んでおらず、予備知識としてあるのは2010年に公開された映画「シャーロック・ホームズ」と、2012年に公開されたその続編「シャドウ・ゲーム」だ。

ホームズをロバート・ダウニー・Jr.が、ワトソンをジュード・ロウが演じ、頭脳明晰なだけでなく腕力も強い武闘派という新しいホームズ像を打ち出すことに成功している。一作目ではホームズの元恋人として登場するアイリーン、「シャドウ・ゲーム」で宿敵として登場するモリアーティ、と、役どころを「SHERLOCK」と比較しながら観る楽しみもあった。

ホームズ作品の魅力は何か。見事な推理。冒険活劇のようなストーリー。それにプラスして、「SHERLOCK」には現代のロンドンが舞台というリアリティがある。個人的に昨年末にロンドンに旅行したこともあって、画面を見ながらすさまじいまでの臨場感を感じている。通称ブラックキャブと呼ばれるタクシーをホームズは多用し、疾走する街並みの風景は、まさにワタシも体感したからだ。

放送は1回90分で、全3回で1シーズンという構成になっている。現在シーズン3まで行っているが、各シーズンの最終話は、次のシーズンの序章へとつながる終わり方をしている。というわけで、今後も楽しめそうだ。

「SHERLOCK」も、そしてロバート・ダウニー・Jr.の劇場版も、コナン・ドイルの原作をベースにしている。設定は基本的に継承し、エピソードも随所に織り混ぜている。先に原作未読と書いたが、先日文庫版の原作全10巻を揃えた。原作を読むことで、またひとつ作品の世界観に近づけるはずだ。

No tags for this post.

関連記事

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

「SHERLOCK」は、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが21世紀を舞台に活躍する、

記事を読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)

ヨーロッパ各地で連続爆破事件が起こり、世間はドイツとフランスの対立激化としている中、シャーロ

記事を読む

シャーロック・ホームズ(2010)

19世紀のイギリス。若い女性が次々に妖しい儀式にて殺害されるが、ホームズは現場をつきとめ、そ

記事を読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(ネタバレあり)

93歳のシャーロック・ホームズは、35年ほど前に探偵業を引退し、田舎でミツバチを飼育しながら

記事を読む

SHERLOCK(1)

SHERLOCK(シャーロック)(1)

アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」を元に、イギリスBBC放送が制作

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑