*

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)

公開日: : 最終更新日:2016/03/01 シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

ヨーロッパ各地で連続爆破事件が起こり、世間はドイツとフランスの対立激化としている中、シャーロック・ホームズはその黒幕をジェームズ・モリアーティ教授だと目星をつけていた。しかし、モリアーティの仕業に絡んでいたアイリーン・アドラーはあっさり毒殺され、また新婚旅行中のジョン・ワトソン夫妻にも刺客の手が伸びる。

モリアーティの狙いは、国家間戦争を起こさせ、それを産業とすることだった。スイスで行われる和平会議での要人暗殺阻止をワトソンに任せ、ホームズはモリアーティと一騎討ちに持ち込む。モリアーティの全財産が書き込まれた手帳をホームズは肩の負傷と引き換えに奪っていて、手帳はロンドン市警の手に渡っていた。怒りに震えるモリアーティを巻き込み、ホームズは滝の中に落ちていく。

ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.主演のシャーロック・ホームズ第2作で、当時劇場でも観た。今回改めて観たが、違った楽しみ方ができた。劇場と今回の間に、イギリスBBCドラマ「SHERLOCK」を観ていたからなのと、ちょっとだが原作のあらすじを知っていたからだ。

ホームズとワトソンだけでなく、ホームズの兄マイクロフト、ロンドン市警のレストレード、アイリーン、下宿の大家ハドスン夫人、ワトソンの妻メアリーと、ホームズを知っている人ならお馴染みのキャラクターたちがそれぞれに役割を担っている。そして、ホームズに並ぶ天才モリアーティもだ。

ラストは、ワトソンが事件の顛末をタイピングし終わった後離席し、そこへ、死んだと思われていたホームズが最後の行に「?」をタイプし、「The End ?」とする。つまり続編を匂わせる終わり方だが、それから3年近く経っているのに、残念ながら続編の話題はない。これっきりなのかな。

No tags for this post.

関連記事

SHERLOCK(1)

SHERLOCK(シャーロック)(1)

アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」を元に、イギリスBBC放送が制作

記事を読む

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

「SHERLOCK」は、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが21世紀を舞台に活躍する、

記事を読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(ネタバレあり)

93歳のシャーロック・ホームズは、35年ほど前に探偵業を引退し、田舎でミツバチを飼育しながら

記事を読む

シャーロック・ホームズ(2010)

19世紀のイギリス。若い女性が次々に妖しい儀式にて殺害されるが、ホームズは現場をつきとめ、そ

記事を読む

ユリイカ 総特集 シャーロック・ホームズ

何度か手にとって読んだことのある文芸批評誌「ユリイカ」。今年7月にシャーロック・ホームズを特

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑