*

SHERLOCK(シャーロック)(1)

SHERLOCK / シャーロック

アーサー・コナン・ドイル原作の「」を元に、イギリスBBC放送が制作したドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」を観た。

陸軍軍医として戦地に赴任していたジョン・ワトソンは、戦傷によりイギリス本国に送り返されていた。あるとき、古い知人から自分と同じくルームメイトを探している男がいることを知る。会ってみると偏屈で変わり者だが、頭脳は明晰。この男シャーロック・ホームズとワトソンは行動を共にすることになり、2人で難事件を次々に解決する。

原作の舞台は19世紀末から20世紀初頭だが、この作品は舞台を21世紀に置き換えている。シャーロックはノートパソコンやスマートフォンを使いこなし、これらのアイテムが謎を解く鍵になることもある。シーズン1でシャーロックが使っていたスマホは、なんとBlackberryだ。

シャーロックの頭の中にある、被疑者や証拠品などを観察した結果、メールのメッセージ内容などが、字幕になって画面に浮き出る(モーショングラフィックというのだそうだ)。ワタシが観たのは日本語吹き替え版だが、字幕も日本語に直して表示していて、元の作品の感覚を生かしている。

シャーロックはベネディクト・カンバーバッチ、ワトソンはマーティン・フリーマンが演じている。カンバーバッチはこの作品でブレイクし、ハリウッドにも進出したらしい。ワタシは「スタートレック イントゥ・ダークネス」で観ている。マーティンは「ホビット」シリーズの主人公、ビルボ・バギンズを演じていた人だ。

カンバーバッチは、神経質で理屈っぽい変人ぶりを、見事に演じている。話が進む毎に、ワトソンをはじめ、ちょっとずつではあるが自分の周囲にいる人たちを気遣えるようになっているのも、今回のシリーズのポイントのひとつかも。マーティンは、ひたむきだがちょっとコミカルなビルボのイメージが強かったが、医師でありシャーロックの友人でもあるというワトソンを、問題なくこなしている。

関連記事

シャーロック・ホームズ(2010)

19世紀のイギリス。若い女性が次々に妖しい儀式にて殺害されるが、ホームズは現場をつきとめ、そ

記事を読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)

ヨーロッパ各地で連続爆破事件が起こり、世間はドイツとフランスの対立激化としている中、シャーロ

記事を読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(ネタバレあり)

93歳のシャーロック・ホームズは、35年ほど前に探偵業を引退し、田舎でミツバチを飼育しながら

記事を読む

シャーロック・ホームズ(新潮文庫)全10冊を読んだ

ロバート・ダウニーJr.主演の映画、ベネディクト・カンバーバッチ主演のBBCテレビドラマ、ロ

記事を読む

ユリイカ 総特集 シャーロック・ホームズ

何度か手にとって読んだことのある文芸批評誌「ユリイカ」。今年7月にシャーロック・ホームズを特

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑