*

U2『18 Singles(DVD付限定盤)』

公開日: : U2

U2『18 Singles(DVD付限定盤)』

2006年11月、U2がシングルコレクション集をリリースした。

タイトルの通り18曲が収録されているが、キャリアを総括したベストとは少し違う。ベストについては『The Best Of 1980-1990』『The Best Of 1990-2000』の2枚を既にリリースしているのでそちらに委ね、こちらはシングルに焦点を当てていると思われる。とは言いながら、『Sunday Bloody Sunday』はヨーロッパ限定のシングルカットとのこと。若干変則的のようだ。また、ラストの『Saints Are Coming』『Window In The Skies』は本作とほぼ同時にリリースされていて、この2曲のプロモーションも兼ねていたようにも思える。

初回限定盤には、ヴァーティゴツアーから2005年イタリアのミラノ公演を収録したDVDが同梱されている。このツアーでは『Vertigo//2005 : Live From Chicago』というライブDVDをリリース済みということもあり、ここでの収録曲は10曲とコンパクトで、ダイジェストにしてボーナス的な位置付けにあるのだと思う。

とはいえ、『Elevation』のイントロ部での場内大合唱は圧巻。『Miss Sarajevo』が選ばれているのは、共演したルチアーノ・パヴァロッティがイタリア人だからかな。『Original Of The Species』では、地元ミラノのストリングス楽団がアーチ状の花道の先端部に陣取り、U2と共演。U2のライブは基本的にメンバー4人だけによる演奏なので、とても珍しくそして貴重だ。

最終の『With Or Without You』は実際のライブでは本編ラストで、終了後4人はステージ前方に出て並んで挨拶。場内からはこの曲のラストのコーラス部が合唱され、メンバーが熱気に包まれながらステージを後にし、エンドロールとなる。ダイジェストでも観ていて力が入るし、出すからにはファンが満足するものをという、バンドの意地が感じられる。

関連記事

ボノ インタヴューズ

U2のボノの、30万字に渡るインタビューを掲載した本を読んだ。500ページ近くもある分厚い本

記事を読む

U2『Vertigo//2005: Live From Chicago』

U2の2005年ライヴDVDを観た。アルバム『How To Dismantle An Atm

記事を読む

U2『The Joshua Tree(Super Deluxe Edition)』

U2が1987年にリリースしたアルバム、『The Joshua Tree』。20周年盤のデラ

記事を読む

Flowers Of Romance image

U2、iTunes Store限定でアルバム『Songs of Innocence』を無料配信リリース

日本時間の今日午前2時過ぎから、アップルの新製品発表があったが、その場においてU2の新譜『S

記事を読む

U2の12/7パリ公演にイーグルス・オブ・デス・メタルがゲスト参加

11月に行われる予定だったU2パリ公演は、テロ事件のため12月6日、7日に延期になっていた。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑