*

U2『The Best Of 1990-2000』

公開日: : U2

U2『The Best Of 1990-2000』

U2のベストはCDも映像も数種類出ているのだが、映像版の「1990 – 2000」を観た。内容はタイトルにある11年の間の全PVを網羅したもので、作品で言うと『Achtung Baby』から『All That You Can’t Leave Behind』までということになる。

U2は、80年代においてスターダムにのし上がった一方でシリアスな正統派というイメージが定着してしまい、90年代はその払拭から始まった。『Achtung Baby』からは電脳路線に突入し、『The Fly』『Zoo Station』はその象徴となった。続く『Zooropa』でその路線は更に進み、『Pop』にて結実。『All That You Can’t Leave Behind』では、こうした試行を経て更にひと回り大きくなった形で以前の路線に立ち戻っている。

がしかし、この映像版では曲が年代順に並べられていないために、そうしたバンドの歩みを意識させられることは少ない。ではどうなっているのかというと、個々のPVにおけるU2の映像に対するこだわりが掘り下げられているという格好なのだ。同じ曲でも複数のPVが存在する場合があり、またそのPVを監督した人が撮影の様子などをコメントしている。ショート・ドキュメンタリーという映像もあって、ポップマートツアーでサラエボを訪れたときの様子などが、克明に収められている。

この作品を観て思うのは、U2がその音楽と同様に映像に関してもかなりのこだわりを以って臨んでいることだ。そしてこれらを惜しげもなく商品化してくれていることに、ファンとしてはたまらない喜びを感じている。

関連記事

U2『The Joshua Tree(30th Super Deluxe Edition)』

1987年にリリースされた、U2のアルバム『The Joshua Tree』。バンドが生んだ

記事を読む

U2『Vertigo//2005: Live From Chicago』

U2の2005年ライヴDVDを観た。アルバム『How To Dismantle An Atm

記事を読む

ナイン・インチ・ネイルズらが参加したU2トリビュート『Achtung Baby Covered』

Nine Inch Nails - Zoo Station U2 (Jacques Lu

記事を読む

U2『From The Sky Down』

さて、U2『Achtung Baby Super Deluxe Edition』のDVDディ

記事を読む

U2『U2 360 Live At Rose Bowl』

U2が2009年に行ったツアーより、アメリカはサンフランシスコの公演が映像作品としてリリース

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑