*

フジロックフェスティバル’18(Fuji Rock Festival)、タイムテーブル発表

Chvrches『Love Is Dead』

6月29日には発表されるかと思っていたタイムテーブルだが、一週待って7月6日に公式サイトで発表された。

さて、今年参加される皆さんは、ラインナップに対してどこまで満足されているのだろうか。個人的には、日中に決定的なアーティストが乏しく、どう過ごすべきか考えてしまう。初日はストレイテナーから、2日目は先日ジェームズ・ベイに代わってエントリーされたばかりのジョニー・マーから、3日目は、うーん、極端な話ボブ・ディランはじまりでもいいくらい。観たいアーティストがというより、お腹がすいたら食べるために現地入りすることになりそう。

そのくせ、2日目3日目の夜はタイトだ。2日目は、ユニコーン→スクリレックス→MGMT→ケンドリック・ラマー。3日目は、→ダーティー・プロジェクターズ→ヴァンパイア・ウイークエンド→チャーチズと、それぞれ見立ててみる。この間の食事や休憩やトイレをどうするか。混雑の具合もあって、思った通りに動けないかもしれないので(去年のオザケン渋滞はすごかった)、誰かはカットせざるをえないかも。

グッズをいつ買うかによっても、スケジュールは変わってくる。初日の午前中とか、あるいは前夜祭のときとかに買えるのがベターだが、天候や待ち行列の長さによってその場その場で判断しているので、これもどうなるか。サカナクションのときに行ったらガラガラで、すぐ買えるんじゃないかとか、そんなことも考えている。

例年、グリーンステージ/ホワイトステージ/レッドマーキーの主要3ステージを中心に動いているので、ほかの小さなステージやアトラクションの方に積極的に顔を出してみるという選択肢もある。深夜のクリスタルパレスは、今年はサーカスをするらしいし。

タイムテーブル的にちょっと意表を突かれたのは、ボブ・ディランをヴァンパイア・ウイークエンドよりも先にセットしていることだ。確かに、ヘッドライナーだけど早めに出すというのは、過去にもあったけど。エルヴィス・コステロ(2003年)、ベック(2016年)とかね。例年通りだと、チャーチズとのバッティングを心配していたのだが、それはなくなった。かつては、ニール・ヤングとニュー・オーダーがかぶっていてニュー・オーダーを断念したり(2001年)、アーケイド・ファイアをフルで観た後にダッシュしてマニックスをラスト1曲だけ観たり(2014年)、ということもあったっけ。

というわけで、後は荷造りと体調をしっかり整え、当日に臨むのみだ。

関連記事

アッシュ(Ash)@フジロック'18

アッシュ(Ash)@フジロック’18

『A Life Less Ordinary』『Goldfinger』『Girl From M

記事を読む

ストーンド・サークル(Stoned Circle)@フジロック’18

強い雨が降ってきたため、成り行きで入ったテントがストーンド・サークル。そのまま成り行きで参加

記事を読む

YOSHIKI降臨!スクリレックス(Skrillex)@フジロック'18

YOSHIKI降臨!スクリレックス(Skrillex)@フジロック’18

来日したことやリハーサル風景を本人自らツイートしていたことなどから、YOSHIKIがスクリレ

記事を読む

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック'18

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック’18

結論から書くと、めっちゃカッコよかった。銀髪のおばさんメリル・ガーバスすごかった。 緻

記事を読む

赤いゴンちゃん@フジロック'18

フジロック’18(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 当初は台風直撃が懸念されていたが、少しそれたため、開催に大きな影響はなかった。前

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑