*

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 ,

9年前にサマーソニックのソニックステージ中盤で、6年前にスタジオコーストで観たアーティストが、フジロックのグリーンステージヘッドライナーになったことに、感慨深いものがあった。彼らの音楽が日本でも広まり、受け入れられていることも、嬉しかった。

銀ギラの「ミラーマン」がモッシュピット向かって左前方に現れ、片言の日本語で挨拶。そしてスタンバっていたバンドによる『Reflektor』で、ライヴは始まった。ウィン・バトラーやレジーヌをはじめ、ギター、ベース、キーボード、ドラム、バイオリンのほか、クラリネットなどの管楽器隊、黒人パーカッション隊など、総勢10名は越えている。

『Neighborhood #3 (Power Out) 』『Rebellion (Lies) 』と、数年前のツアーなら終盤クライマックスでもおかしくない勢いのある曲が序盤で早くも解き放たれ、ショウは早くも沸点に達した。『The Suburbs』『Ready to Start』という、サードアルバム冒頭の再構築も嬉しい限り。カメラは各メンバーを捉えるため目まぐるしく切り替わるが、それはこのバンドが決してウィンのワンマンではなく、各々が主役足りえていることの証だ。

ディスコテイストの強い新譜『Reflektor』は、頂点に達したバンドが打った次なる一手で、意表を突き、更に先に進まんとする彼らの姿勢をこそ誇るべきと思っている。ライヴの場において、それまでの3作からの曲との違和感がもっと大きくなると思っていたのだが、許容範囲内だった。

『No Cars Go』を経て、レジーヌがリードヴォーカルの『Haïti』のとき、モッシュピットに用意していたと思われるハイチの旗をウィンが見つけて素早く取りに行き、レジーヌに渡す。彼女は旗をまとい、歌いながら踊る。上機嫌になった様子だ。彼女は、ドラムにパーカッションにスティールパンにキーボードにアコーディオンと、何種類もの楽器をこなしていた。

終盤、突然YMO『Rydeen』が流れ出し、それと同時に被り物集団がステージに現れ踊り出した。実は、彼らは今回のツアーでご当地に因んだアーティストの曲を流したりカヴァーしたりしていたのだが、ワタシは、彼らがカヴァーするに値する日本の曲がどうしても思い付かなかった。キルビルなんて流されたらやだなと思っていたところ、このチョイスはグッジョブだ。

大詰めにきて、『Here Comes the Night Time』ではなんと紙吹雪が炸裂。モッシュピットに張り巡らされた柵から、異常とも言える多量の紙吹雪が舞った。そして、ラストはもちろん鉄板ソングの『Wake Up』。こうして、素晴らしきひとときはあっという間に過ぎ去ってしまった。

Reflektor
Flashbulb Eyes
Neighborhood #3 (Power Out)
Rebellion (Lies)
Joan of Arc
The Suburbs
Ready to Start
Neighborhood #1 (Tunnels)
We Exist
No Cars Go
Haïti
Afterlife
It’s Never Over (Oh Orpheus)
Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)
Rydeen (Yellow Magic Orchestra song)
Normal Person
Here Comes the Night Time
Wake Up

個人的には、3月に観たローリング・ストーンズをしのぐ、今年ベストライヴだ。今最も聴くべき音を鳴らすバンドの、今最も観るべきライヴを観ることができ、満足感でいっぱいだ。

関連記事

ドラゴンドラ

ドラゴンドラ乗るのは、2002年、2012年に続いて3回目。

記事を読む

Flowers Of Romance image

バッファロードーター(Buffalo Daughter)@フジロック’14

観るのはたぶん9年ぶり。華奢な体にギターを背負うシュガー吉永、オルガンと曲によりベースの大野由美子、

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@フジロック’14

アーケイド・ファイア終了直後に林道をダッシュ。今まで何10回となく歩いている林道だが、最速でホワイト

記事を読む

Flowers Of Romance image

高橋幸宏@フジロック’14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、ト

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑