*

モーターヘッド(Motorhead)@フジロック’15

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Fuji Rock Festival'15

ドラム、ギター、そしてベース&ヴォーカルのレミー。サポートなしのスリーピースだ。レミーのヴォーカル、ダミ声すぎて何を歌っているのか全くわからない(笑)。しかし、それでもこの人はカッコいい。この後登場するデイヴ・グロールが敬愛し、「極悪レミー」という映画が作られただけのことはある。愛すべきオヤジだ。

しかし、バンドは必ずしもレミーのワンマンということでもない。パルプ・フィクションのTシャツを着たギタリストはソロを何度もこなしステージ上も忙しく動き回り、気を吐いている。ドラマーもソロを与えられ、激しいビートにバックドロップのライティングがシンクロする。しかし、感触はいい意味でCDで聴くのと変わらない。

ハードロックとパンクとの、奇跡的な融合。それが、モーターヘッドだと思う。

関連記事

ホーリーチャイルド(Holychild)@フジロック’15

ギターのルイスとサポートのドラマーを従え、登場した女性ヴォーカルのリズは、銀ラメのビキニにピンク

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)@フジロック’15

10年ぶりのフジロック。7年ぶりの来日。なのに、先月デイヴ・グロールをアクシデントが襲う。来日キャン

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロック、オレンジコートがなくなる?

既に話題になっていることだが、今年のフジロックフェスティバルで、主要ステージのひとつオレンジコートが

記事を読む

ライド(Ride)@フジロック’15

セットチェンジでバックドロップに「RIDE」の文字が掲げられただけで、テンションが上がった。そして日

記事を読む

トッド・ラングレン(Todd Rundgren)@フジロック’15

ステージにはドラムセットもアンプも見当たらず、DJ卓とマイクスタンドが3本あるくらい。これほんとにト

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑