*

ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 ターミネーター ,

ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ

映画「ターミネーター2」の続編にあたるテレビシリーズが、「(TSCC)」だ。

「2」で審判の日を回避したはずが、またも未来からターミネーターが送り込まれ、サラとジョン母子の命を狙う。一方では2人を助けるべく、未来の抵抗軍は女性ターミネーターのキャメロンやジョンの叔父にあたるデレク・リースらを送り込む。サラたちはスカイネット誕生を阻止すべく奔走し、ターミネーターは2人(特にジョン)を殺害せんとする。

キャストは一新されていて、アーノルド・シュワルツェネッガーもリンダ・ハミルトンも出ない。しかし、時間の制約がある映画とは違い、テレビドラマならではの日々の時間軸に極力即した展開を生かしている。救世主となることを運命づけられているジョンが、ふつうの高校生でありたいと反発するくだりは、テレビシリーズでなければ描けない。

キャメロンもキーになっていて、ジョンを守るようプログラミングされているはずが時に暴走してしまう。もともとは人間だったのではないか、と思わせる描写もある。ガービッジのシャーリー・マンソンが、キャサリン・ウィーバーことT-1001役で出演しているのにはビックリ!そして、役に合っている。

ラストは、違う意味で衝撃的だった。打ち切りとは聞いていたが、案の定というか、ばたばたと展開した挙げ句、解決のない謎だらけの終わり方になった。なぜジョンとT-1001の2人は未来にタイムスリップしたのか。そのあとなぜT-1001は消えたのか。残されたサラやエリスンはどうなったのか。キャサリンはジョン・ヘンリーと何を話したのか。・・・などなど、謎だらけだ。

映画では、「2」の続編が「3」「4」と公開されている。これらとTSCCは、パラレルワールドのような関係にあると思う。

関連記事

ターミネーター2特別編

通常版は公開当時に劇場で見たし、レンタルやテレビ放送でも見ている。しかし、「特別編」を観たの

記事を読む

ターミネーター4(2009)

2018年。「審判の日」を経て、覚醒したコンピューターのスカイネットと人類の抵抗軍との戦いが

記事を読む

ターミネーター展

ターミネーター展(2009年6月)

「ターミネーター4」の劇場公開当時、リンクした展示会が行われていた。 会場は、お台場の日本未

記事を読む

ターミネーター3(2003)

「2」から10年後の2004年、審判の日を回避することができたため、ジョン・コナーは抵抗軍の

記事を読む

ターミネーター2(1991)

ターミネーター2(1991)

前作から10年後、1994年のロサンゼルス。10年前のサラ・コナーとターミネーターの死闘はな

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑