*

デーモン・アルバーン(Damon Albahn)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 , ,

ブラーは今年1月に来ているが、デーモンがフジロックのステージに立つのは、99年以来実に15年ぶりだ。出だしのときこそ客入りがトラヴィス以下で少し焦ったが、徐々に人が集まってきて、土曜の夜のグリーンステージらしくなってきた。

バンドはギター、キーボード、黒人のドラムとベースという編成。デーモンはオーディエンスをやんわり煽りつつ、歌いながらステージを右に左にと歩き、ステージを降りてモッシュピットに突入。ステージから放水するのはブラーのときと同じだ。

曲は、春にリリースした自身のソロ名義のアルバムからが中心だ。前半、必ずしもノリのいい曲ばかりではなく、じっくり聴かせるモードにもなった。しかし、ピアノを弾きながら切々と歌い上げるデーモンの姿には説得力があり、やっぱりこの人はすごいと思わせてくれた。

弾き語りでのブラー『End Of Century』には場内が一層沸き立ち、間奏のトランペットがダメを押した。終盤、ゴリラズの『Clint Eastwood』ではあ日本人のラッパーが登場し、時折日本語ラップも交えていた。ラストは黒人コーラス隊も導入し、ゴスペル調で締め括った。さすがのステージだった。

関連記事

フジロック前夜祭

キノコホテル!

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ポーグス(The Pogues)@フジロック’14

開演時間が15分以上遅れ、ちょっとだけヒヤヒヤした。2005年にフジロックに出演してはいるが、ワタシ

記事を読む

Flowers Of Romance image

フォスター・ザ・ピープル(Foster The People)@フジロック’14

観るのは数年前のサマソニ以来だが、彼らは更に力をつけた。ドラムとパーカッションによるビートの厚みに乗

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑