*

セイント・ヴィンセント(St.Vincent)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 , ,

開演前のレッドマーキー

開演前のレッドマーキー

数年前にサマソニで観たときは、正直言って微妙だったが、今回はすごい。黒を基調とした衣装に、右肩に黄金の飾りをまとっている。髪はトレードマークのカーリーへアではなく、ベリーショートに。このいでたちが近未来っぽくてカッコいい。

ドラム、キーボード、プログラミングという編成で、彼女は黒のギターを弾き、ノイジーでメタリックなリフを放つ。歌いながら首を横に倒すパフォーマンスをし(プログラミングの女性と同期)、またロボットのように機械的に横や後ろに動き回り、これがまたカッコいい。自分のスタイルを確立し、自信に溢れている。音楽的には異なるが、地に足のついた女性アーティストとして、2004年に観たPJハーヴェイを思い出した。

この後オノヨーコバンドで出演を控えている、小山田圭吾が食い入るように脇から観ていた。隣にいたのは息子かな。

関連記事

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)、初日スタート

フジロック初日スタート晴れ!気持ちいい!日焼けする(笑)

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@フジロック’14

アーケイド・ファイア終了直後に林道をダッシュ。今まで何10回となく歩いている林道だが、最速でホワイト

記事を読む

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑