*

スロウダイヴ(Slowdive)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

実に19年ぶりに再結成したスロウダイヴは、ドラム、ベース、ギター、ギター(左利き)、そして女性ヴォーカルの5人組。バンドのヴィジュアルイメージとナビゲーターは、銀ギラのドレスをまとった女性ヴォーカルが担っていた。

序盤こそコンパクトでポップな曲で固めてくるが、間奏での2本のギターによる音圧の凄まじさに、オリジナルシューゲイザー世代の力量を思わされる。曲によっては女性ヴォーカルもギターを持ち、つまりトリプル編成になる。ライヴ終盤になると音圧は更に分厚くなり、めくるめく音の洪水にさらされる心地よさと言ったらない。

なぜレッドマーキーだったのか。ホワイトステージでも、グリーンステージでもよかったじゃないか。

No tags for this post.

関連記事

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

Flowers Of Romance image

トラヴィス(Travis)@フジロック’14 #fujirock

フジロック出演は2001年、2008年に続いて3回目。ヘッドライナーでもいいくらいのバンドだが、2日

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition フジロック&サマーソニック完全ガイド

CROSSBEAT Special Edition フジロック&サマーソニック完全ガイド

8月末に発売された、フジロックとサマーソニック速報の本をネットで購入した。しかし自宅に届いた

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

高橋幸宏@フジロック’14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、ト

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑