*

スロウダイヴ(Slowdive)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 ,

実に19年ぶりに再結成したスロウダイヴは、ドラム、ベース、ギター、ギター(左利き)、そして女性ヴォーカルの5人組。バンドのヴィジュアルイメージとナビゲーターは、銀ギラのドレスをまとった女性ヴォーカルが担っていた。

序盤こそコンパクトでポップな曲で固めてくるが、間奏での2本のギターによる音圧の凄まじさに、オリジナルシューゲイザー世代の力量を思わされる。曲によっては女性ヴォーカルもギターを持ち、つまりトリプル編成になる。ライヴ終盤になると音圧は更に分厚くなり、めくるめく音の洪水にさらされる心地よさと言ったらない。

なぜレッドマーキーだったのか。ホワイトステージでも、グリーンステージでもよかったじゃないか。

関連記事

ザ・ウォーターボーイズ(The Waterboys)@フジロック’14 #fujirock

グリーンステージ結成31年目にして、なんと初来日なのだそうだ。長髪でメガネをかけたマイク・スコットは

記事を読む

Flowers Of Romance image

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)@フジロック’14

グリーンステージでは、30分前からヘッドライナーのフランツ・フェルディナンドのライヴが始まっているは

記事を読む

Flowers Of Romance image

デーモン・アルバーン(Damon Albahn)@フジロック’14

ブラーは今年1月に来ているが、デーモンがフジロックのステージに立つのは、99年以来実に15年ぶりだ。

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 初日と2日目は快晴で、とにかく暑かった。気温は2日目の方が上がったが、日差しは初日の方がキ

記事を読む

Flowers Of Romance image

テンプルズ(Temples)@フジロック’14

セッティングはメンバーたちが自分でやっていて、新人らしいなと思った。しかしライヴパフォーマンスの方は

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑