*

ワーナー・ハリー・ポッター・スタジオ(1)(2014年1月2日)

公開日: : 最終更新日:2019/04/20 ロンドン旅行2013年12月-2014年1月

ハリポタスタジオ直行リムジンバス

(WJ)駅まで来たのは、映画「」シリーズで撮影に使用されたスタジオが一般公開されている、その名も「ワーナー・・スタジオ」に行くためだった。

ハリー・ポッター・スタジオ

WJ駅からリムジンバスに乗り、約15分でスタジオに到着。ワタシが取ったチケットは、入場時間が11時30分から12時の間と定められていた。手前のスタバで時間を潰し、そして入場。入場待ちのところで、ハリーが第1作で閉じ込められた階段下の物置きセットがお目見えしている。

ハリーが第1作で閉じ込められた階段下の物置きセット

ハリポタ社会現象の映像、ダニエル・ラドクリフら主要キャスト3人によるスタジオ紹介の映像を経て、いよいよ本編へ。ホグワーツ魔法魔術学校の食堂のセットだ。これを見ただけで、圧倒されてしまった。これ以降、ほとんどが撮影可のブースになっていた。

ホグワーツ魔法魔術学校の食堂のセット

ダンブルドアのオフィス、ハグリッドの家、ホグワーツ魔法魔術学校内のいくつかの部屋、秘密の部屋の門、ピンクのおばさんの部屋、ブラック家家系図のタペストリー(一部がこげている)などなど。まあ、すごい。衣装展示が多数。小道具も多数。箒やバイクのSFXについてのブース。箒に跨がって撮影するコーナーというのもあった(スルーした)。

ダンブルドアのオフィス

秘密の部屋に繋がる扉

関連記事

O2アリーナ外観

エミレーツエアライン~O2アリーナ(2013年12月31日)

冬のロンドンは日が短い。日の出は8時頃、日の入りは16時頃だ。日が落ちる前にホテルに戻りたかったが、

記事を読む

ホグワーツ魔法魔術学校の巨大模型

ワーナー・ハリー・ポッター・スタジオ(2)(2014年1月2日)

ブラック家タペストリーの脇から、いったん外に出る。カフェがありひと休みできるようになっていた

記事を読む

ロンドン地下鉄

ヒースロー空港からホテルへ(2013年12月30日)

空港でまずすることは、入国手続き。入国審査カードは機内で配られていて、あらかじめ記入しておいた。手続

記事を読む

プロディジーの電飾広告

The Prodigy NYE at O2 Arena(2)(2013年12月31日)

ニューイヤーの1分くらい前になり、場内が暗転。ステージ上のスクリーンにカウントダウン表示が始

記事を読む

クリスマス仕様のハイドパーク

ハイドパーク~スティッキー・フィンガーズ・カフェ(2013年12月31日)

バスに乗り、ハイドパークへ。クリスマスの時期には催しがあると聞いていて、少しぶらぶらする。ここで、ロ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑