*

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

両親のいないハリー・ポッターは人間の家に預けられて育つが、半ば虐げられている状態。11歳になるハリーにホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証が届き、ハリーは入学。ロンやハーマイオニーと親友になり、共にグリフィンドール寮に所属する。

原作は大ベストセラーで、映画も大ヒット。しかし、そんな世の中の騒ぎには全く関せず、かなり後追いで手をつけた。映画は全8作あるが、「賢者の石」は記念すべき第1作だ。

ハリーやロン、ハーマイオニーたち少年少女キャラはどこか初々しく、それでいて堂々ともしている。魔法魔術学校にはいろいろ仕掛けがあり、入ることを禁じられているところもあって、ミステリアスだ。透明になるマントや自分が希望している姿が映る鏡など、いかにもというアイテムも少なくない。

ハリーは両親がヴォルデモート卿に殺害されるが自身は助かっていて、それで入学時から有名に。そんなハリーのライバル格になる名家の出のマルフォイ、ハリーを見守る校長ダンブルドア、森番でハリーを魔法学校に導いたハグリッド、どこか怪しい教師スネイプと、役者も揃っている。

ほんの序章かと思いきや、クライマックスは賢者の石をめぐるハリーとヴォルデモートの対決。この因縁は、長きに渡って続く。

関連記事

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

一時帰省を経て、ホグワーツ魔法魔術学校に戻ったハリーたち。マグル(非魔法使い)出身の女性たち

記事を読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

1927年。アメリカ魔法省に拘束されていたグリンデルバルドが脱走し、パリに拠点を構える。一方

記事を読む

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 を読んだ

文芸雑誌ユリイカで、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。実は出版

記事を読む

ニューズウィーク日本版特別編集 『ハリー・ポッター』 魔法と冒険の20年 を読んだ

ニューズウィークの、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。ユリイカ

記事を読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.1(2010年)

ヴォルデモートは魔法省を支配し、デスイーターとなったスネイプが魔法魔術学校の校長に就任。ハリ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑