*

探偵物語

公開日: : 最終更新日:2020/11/16 松田優作

探偵物語 DVD Collection

松田優作のテレビドラマの代表作と言えるのが、「探偵物語」だ。しかし、ワタシにとってのこの人はスクリーンの中の俳優で、テレビとなるとほとんど印象がない。「太陽にほえろ!」のジーパン刑事も有名は有名だが、ワタシはリアルタイムではないし、なにより殉職シーンしかイメージが沸かない。とはいえ、テレビで何度目かの再放送がされていたのを全話録画し、観たことがあった。

物語は一話完結で、優作演じる私立探偵の工藤が依頼人から受けた仕事をこなしつつ、警察や街の裏の世界に生きる者たちと絡んでいくというものだ。長身に黒づくめの衣装で一見コワモテだが、そのくせ妙にコミカルな「間」を持っているのが、ここでの優作だ。それが作品としてのテンポのよさにもつながっているように見て取れ、後年模倣されまくっているのもうなずける。永瀬正敏主演の「濱マイク」も、この作品へのオマージュという要素があったのではないか。

そしてびっくりしたのは、あまりにも豪華なゲスト陣だ。第一話に登場する熊谷美由紀は後の夫人だし(恐らくここでの共演がきっかけになったはず)、中尾彬や峰竜太など、挙げたらきりがない。優作主演の映画は、大物が脇を固める傾向が強いが、テレビでもそれは生きていたのだ。

関連記事

SOUL RED 松田優作(2009年)

松田優作のドキュメンタリー映画「SOUL RED」を観た。 優作が出演した作品やテレビ

記事を読む

松田優作(2)

今日は三鷹の法専寺というお寺で、松田優作の13回忌法要が行われたようだ。12年前の告別式は同

記事を読む

ひとごろし(1976年)

剣豪の仇討ちを名乗り出た武士の六兵衛は、実は臆病者で剣もまともに使えない、町の笑い者である。

記事を読む

あばよダチ公(1974年)

刑期を終えて出所した猛夫は仲間の梅、雅、竜とつるむが、キャバレーで無銭飲食してひと騒ぎして留

記事を読む

野獣死すべし(1980年)

刑事から拳銃を奪って殺害し、更に闇カジノを襲撃した伊達邦彦。かつては戦場カメラマンとして戦地

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑