*

俺達に墓はない(1979年)

公開日: : 松田優作

俺達に墓はない(1979年)

刑務所帰りの島はヤクザのノミ屋の金庫を狙うが、なんと金庫を襲撃した先客がいた。島は男(滝田)を追い詰めるが、2人はお互いの腕を認めて手を組むことに。一方、島の弟分ヒコはノミ屋襲撃の際ヤクザにつかまってしまい、滝田を逆恨みする。島と滝田は賭博ツアーのバスを襲って大金を手に入れるが、その後ヒコが滝田を襲い、それを島が押さえるという格好になり、人間関係がどんどん危うくなっていく。

主人公の島を松田優作、ヒコを岩城滉一、滝田を志賀勝が演じている。仲間のような敵のような微妙な関係が、徐々に崩れていくさまがよくできている。結局信じられるのは自分だけという、ニヒルでストイックな視点が根底にあるように思う。松田優作の存在感が抜きん出ているのは言わずもがなだが、ただクールでカッコいいだけでなく、コミカルなセリフも随所にあって、そのアンバランスさもいいスパイスだ。

松田優作と岩城滉一は、実年齢は2歳しか変わらないのだが、「人間の証明」と同様、劇中の2人の格差の大きさには戸惑ってしまう。それとも、当時としては自然な位置づけで、その後岩城滉一が力をつけて存在感を増したということなのかな。

関連記事

ひとごろし(1976年)

剣豪の仇討ちを名乗り出た武士の六兵衛は、実は臆病者で剣もまともに使えない、町の笑い者である。

記事を読む

竜馬暗殺(1974年)

坂本竜馬が暗殺される、最後の3日間を独自の解釈で描いた映画だ。 慶応3年。薩長同盟と大

記事を読む

それから(1985年)

明治後期。長井代助は大学を出ても仕事につかず、親の資金によって優雅に暮らしていた。あるとき、

記事を読む

よみがえる松田優作

教育テレビで、松田優作の特番が放送された。その内容だが、以前、5月に4週に渡って放送されてい

記事を読む

松田優作は生きている

松田優作20回忌にリンクして、BSジャパンで特番「松田優作は生きている」が放送された。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑