*

ジョン・レノン、ニューヨーク(2010年)

ジョン・レノン、ニューヨーク(2010年)

ジョン・レノンが住み、愛し、そして最期を遂げた街、ニューヨーク。そのニューヨークをキーワードにしたドキュメンタリー映画を観た。日本で最初に公開されたのは2011年8月で、11月にはDVDも発売、12月にはWOWOWでジョンの命日に放送された。

ビートルズ時代の描写はほとんどなく、取り扱っていたのはソロ以降の1971年から射殺される80年までの10年間。ジョンのミュージシャンとしての活動はもとより、政治にリンクした活動、オノ・ヨーコや息子ショーンとの愛、そして死、などが焦点になっている。

コメントを寄せているのは、ヨーコ、写真家のボブ・クルーエン、『ダブル・ファンタジー』をプロデュースしたジャック・ダグラス、ギタリストのアール・スリック、ステージで共演したエルトン・ジョン、クラウス・フォアマン、ジム・ケルトナーら。特に、ヨーコ、ボブ・クルーエン、ジャック・ダグラスのコメントが多かった。、リンゴ・スターの元ビートルは、当時の写真や映像は出てくるが、コメントはなかった。

ジョンがこの世を去ってもう30年(公開時)も経つのに、初めて世に出たであろう映像や音声の目白押しだ。そして、切り口もこれまでのジョンを扱った映像や文献とは異なっていると思う。名盤とされる『ジョンの魂』『イマジン』がほとんどスルーで、『マインド・ゲームス』以降の作品がクローズアップされているのがかなり異色だ。

これにはヨーコとの関係が深く関わっていて、共和党のニクソンが大統領に再選したことにショックを受けたジョンが、泥酔したまま他の女と関係を持ってしまい(しかも隣の部屋にヨーコはいた)、それがきっかけでヨーコに別離を言い渡され、ロスで音楽活動をしながらどうやったらヨーコと和解できるのかを模索。和解後にショーンが生まれ、主夫業に勤しむ。ここに描かれているジョンは生々しく、感情的で、愚かで、そして人間くさい。ワタシたちは、気づかないうちにジョンを神格化していたのではと思わされる。

レコーディングで各メンバーに指示を出す声は厳しく、(表現者としては当然だが)頑固でこだわりを持った人だったのではと思わせる。かと思えば、電話で寿司をオーダーし人数を何度も言い直すところには和まされる。バックに流れるのはほぼジョンのソロの曲だが、その大半はアウトテイクやアコースティックといった別バージョンで、原曲とは異なる味わいがある。

関連記事

ジョン・レノン(John Lennon)『Sweet Toronto(DVD)』

ジョン・レノンは、1969年9月にカナダで行われた野外イベントに出演。その模様はアルバムと映

記事を読む

ジョン・レノン(John Lennon)『Lennon(Box)』

ジョンレノンの4枚組ボックス『Lennon』を聴いた。90年にリリースされていて、ボックスセ

記事を読む

ジョン・レノン・ミュージアム

ジョン・レノン・ミュージアム、9月末で閉館

さいたまスーパーアリーナに隣接しているジョン・レノン・ミュージアムが、今年の9月末で閉館にな

記事を読む

イマジン ジョン・レノン(1988年)

ジョン・レノンの死後に制作されたドキュメンタリー映像で、日本では劇場公開された。オノ・ヨーコ

記事を読む

ダブルファンタジー展

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展に行ってきた

今年はジョン・レノン生誕80年、没後40年にあたる。誕生日の10月9日から展示がはじまってい

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑