*

スピード・レーサー(2008年)

公開日: : 最終更新日:2020/07/06 SF

スピード・レーサー(2008年)

小さい頃、レーサーの兄にあこがれていたスピード。しかし兄は事故死してしまい、数年後兄の遺志を継いで同じくレーサーとなる。天才的な才能でレースに優勝するが、巨大スポンサーからの誘いを断ると、その社長は全てのレースは八百長で結果は仕組まれたものだと言い放つ。レーサーは不正を暴く捜査に協力する一方、何のために走るのかという答えを見つけるために、再度レースに臨む。

レーサーのチームは自分の一家で、スピードはメカニックの父が整備したマシン「マッハ号」に乗ってレースに臨んでいる。事故死したと思われていた兄は実は生きていて、レースの不正を暴くために顔も変え、正体をスピードに明かすことなく、しかしスピードの成長を影から見守っている。ド派手なマシンやムチャクチャなレース展開とは裏腹に、ストーリーの軸になっているのは家族愛だ。続編は作られるのかな?

日本のタツノコプロが作ったアニメーション「マッハGo!Go!Go!」を元にしたハリウッド映画で、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟がアニメのファンだったことから実現に至ったらしい。実写映画ではあるが、背景やレースカ-などにはCGを駆使し、ファンタジックな世界観を演出している。ホイールからドリルが出てきて妨害したり、崖から落ちたのにタイヤから鋲が出て角度のない崖を登ったり、と、ありえない描写はタツノコ版譲りだ。

スティーヴン・スピルバーグの「レディ・プレイヤー1」にて、マッハ号はカーレースの場面に登場。森崎ウィンが演じていたアバター「ダイトウ」が乗っていた。

関連記事

メッセージ

メッセージ(ネタバレあり)

世界各地12ヶ所に、宇宙船と思しき謎の物体が飛来。しかし宇宙船は、その場に留まったままで何を

記事を読む

ルーパー(2012年)

2044年が舞台。30年後の2074年において、犯罪組織が証拠を残さず敵を処理する際、敵をタ

記事を読む

ウォー・ゲーム(1983年)

高校生のデヴィッドは、自分の学校のコンピュータにハッキングして成績を書き換えるなど、パソコン

記事を読む

パッセンジャー

パッセンジャー(ネタバレあり)

地球から120年かけて他の惑星に移民するべく、宇宙船アヴァロンは航行。しかし、人工冬眠機器の

記事を読む

爆裂都市 BURST CITY(1982年)

舞台は、自由や快楽、暴力が渦巻く都市。人気ロックバンド、バトル・ロッカーズとパンクバンドのマ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑