*

エッフェル塔(2019年12月30日)

エッフェル塔

ルーヴル美術館から、タクシーを拾ってエッフェル塔へ。塔の周囲は囲いで覆われ、入場は左右からになっていた。ココもチケットの種別によって入場列が分けられ、当日券、予約者、塔およびレストラン予約者といった具合。そして、ルーヴルやヴェルサイユ宮殿と同様、X線と金属探知機のチェックがあった。

チェックを終えて敷地内に入る。エッフェル塔は4つの脚で支えられているが、エレベーターはそれぞれの脚にあって、右入場予約者、右入場当日券、左入場予約者、左入場当日券といった具合に振り分けられていた。予約していた時間になり、再びX線と金属探知機のチェックを受けて、やっとエレベーターへ。直上にではなく、斜め上に登っていく形式だ。第1展望台は通過し、第2展望台で降りる。

セーヌ川、先ほど立ち寄ったルーヴル美術館、隣接するオランジェリー美術館などが見えた。パリでは建物の高さを制限する法律があり、極端に高い建物はないそうだ。エッフェル塔のシルエットは、構図として面白かった。

エッフェル塔のシルエット

ワタシが取ったチケットの種別は、「sommet(フランス語)」、つまり頂上まで行ける券種だった。頂上行きのエレベーターに乗り、今度はまっすぐに頂上の展望台まで一気に登った。第2展望台で観た光景が更に小さくなり、更に遠くまで見渡すことができた。凱旋門から通りが放射線状に伸びていて、建物が立ち並んでいるさまが伺えた。エッフェルさんの部屋もあり、打合せをしている体の蝋人形があった。

エッフェル塔の頂上から見た凱旋門と街並み エッフェルさんの蝋人形

エレベーターで第2展望台まで戻り、続いて階段で第1展望台まで降りる。第1は、クリスマスツリーやレストラン、お土産屋さん、記念撮影スポットなどがあった。更に階段を使い、下まで降りた(第2~第1間、第1~地上間の下降用エレベーターももちろんあるが、なかなか来なかった。)。映画「007 美しき獲物たち」で、ロジャー・ムーア演じるジェームズ・ボンドと、グレイス・ジョーンズ演じる敵の殺し屋が対峙したのは、階段だった。

第一展望台のガラスの床 エッフェル塔の階段

間近で観て、そして実際に登ったエッフェル塔は、思った以上に年期が入っていた。最新鋭のテクノロジーによる利便性の追求はせず、できる限り伝統と歴史を生かしているように思えた。

ライトアップされたエッフェル塔

関連記事

カウントダウン花火

テムズ川クルーズでカウントダウン(2019年12月31日)

大晦日をパリではなくロンドンで過ごすことにしたのには、理由があった。パリは治安がよろしくなく、スリが

記事を読む

鏡の間

ヴェルサイユ宮殿(2019年12月29日)

現地旅行会社前に集合し、8時半過ぎにツアーバスで出発。約1時間でベルサイユ宮殿に到着した。団体客扱い

記事を読む

ユーロスター

ユーロスターでパリからロンドンへ(2019年12月31日)

ホテルをチェックアウトし、タクシーでパリ北駅へ(この駅も映画「アメリ」のロケ地になっている)。早めに

記事を読む

ルーヴル美術館入り口

ルーヴル美術館(2019年12月30日)

ルーヴル美術館は、朝イチの9時で予約していた。宿泊しているホテルからは近く、歩いて30分ほど前に到着

記事を読む

バタクラン劇場

バタクラン劇場(2019年12月29日)

冬のパリの日没は、だいたい17時くらい。日本と同じくらいかな。日が傾きかけてきたところをタクシーを拾

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑