*

浜田省吾『ON THE ROAD 2015-2016 “Journey of a Songwriter”』

公開日: : 浜田省吾

浜田省吾『ON THE ROAD 2015-2016

浜田省吾が2015年から2016年にかけて行ったツアーのライヴ映像を観た。DVDとブルーレイが同じ価格だったので、ブルーレイの方を購入。ライヴCD2枚組も同梱されている豪華盤だ。個人的に、このツアーはホールとアリーナそれぞれ1公演ずつ体験している。

・2016年1月8日 東京国際フォーラム
・2016年11月19日 横浜アリーナ

本パッケージのリリースは去年4月だが、それに先駆けて去年2月に2週間限定で劇場公開もされ、そちらも観に行っている。本編映像は、恐らくそのときと同じものだろう。前半は2015年大阪のホール公演、後半は2016年さいたまスーパーアリーナ公演をもとに編集されている。ステージ上の浜田をはじめとするメンバーだけでなく、バックドロップに流されていた映像もフィーチャーされ、曲によっては両者をかぶせてもいる。

浜田はツアー自体はコンスタントにおこなっていたが、オリジナルアルバムのリリースは2005年の『My First Love』以来10年ぶりで、2015年に『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』を発表。力の入りようは今まで以上と思われる一方、どうしても避けられない加齢ともうまく折り合いをつけつつ、長期に渡るツアーをおこなった。前半のホールツアーは新譜中心、後半のアリーナツアーでは新譜およびベストヒットの構成となっていた。

このパッケージはどちらかと言えば『Journey of a Songwriter』からの曲の方に比重を置いていて、それはある意味当然だ。もちろん、キャリアの長い人であり名曲をいくつも生み出している人だが、その年齢なりで発せられる音を鳴らし、歌い、時代に呼応している。頭髪こそ白髪が若干目立つようにはなったが、毛量は豊富で(笑)声質も変わらず、パフォーマンスにも目立った衰えは見られない。

劇場版と異なるのは、1時間近くのボーナス映像があることだ。ツアーのセットリストは日々微妙に変化していたので、本編とかぶらない曲を収録しているほか、さいたま公演でのMCと、浜田が観客に丁寧に説明した上でコーラス参加を促した後に演奏する場面も。うまくいけば、今後リリースされるかもしれないDVDの特典に入るかもねと浜田は言っていたが、無事収録された。PV集では『夜はこれから』のロングバージョンがあって、通常バージョンの前後に映像が追加され、ミニドラマのようになっていた。

ライヴCDは、大阪のホール公演をフル収録。MCが計3回収録されていて、ライヴ音源としては珍しいと思う。『花火』が女性に評判悪くて、という語りは、ワタシが行った国際フォーラム公演でも言っていた。またディスク2のラストは、アルバム『Journey of a Songwriter』のピアノソロメドレーになっていた。

決して安くはないパッケージだが、出し惜しみすることのない大ヴォリュームには圧倒されるし、観た後の充足感はたまらない。もちろんホンモノのライヴに勝るものはないが、ライヴの記録を手元に所持できるという、別の歓びにも満たされる。

関連記事

浜田島@横浜赤レンガ倉庫

浜田島@横浜赤レンガ倉庫(2009年7月)

渋谷ヒカリエでは、今日まで「浜田島V」を開催しているが、そのスタートは2009年に横浜赤レン

記事を読む

浜田省吾『ON THE ROAD 2001(DVD)』

浜田省吾のライヴDVD『ON THE ROAD 2001』を観た。これは、浜田が1998年4

記事を読む

浜田省吾『On The Road “Films”』

浜田省吾のライヴ映像『On The Road “Films”』を観た。もともとは89年にVH

記事を読む

浜田省吾『ON THE ROAD 2005-2007 “My First Love”』

浜田省吾のライヴDVDを観た。2005年に行われたアリーナツアー、2006年から2007年に

記事を読む

浜田省吾『”J.Boy” 30th Anniversary Edition』

浜田省吾が代表作『J.Boy』をリリースしたのは、1986年。今年は30周年にあたり、アニヴ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑