*

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

1927年。アメリカ魔法省に拘束されていたグリンデルバルドが脱走し、パリに拠点を構える。一方、ロンドンでニュート・スキャマンダーは恩師ダンブルドアに呼び出され、死んだと思われていたクリーデンスがパリにいることで探し出すよう依頼される。脱走したグリンデルバルドを倒せるのは、君だけだとも言われる。

ニュート宅をクイニーとジェイコブが訪れるが、2人はケンカしてしまい、クイニーは姉ティナを訪ねてパリへ。ティナもクリーデンスを探していた。ニュートはジェイコブを伴い、パリに向かう。クリーデンスは、自身の実母を探すために蛇に変身する美女ナギニを伴い、身を寄せていたサーカス団から離脱する。

ハリー・ポッターシリーズの前日譚にあたる、「ファンタスティック・ビースト」のシリーズ2作目だ。前作はニュートをはじめ主要キャラや魔法動物などのお披露目的な色合いが強かったと感じていて、今回はストーリーがぐっと深まり、全5部作と言われているシリーズの方向付けを示したと思う。前作はニューヨークが舞台だったが、今回はニューヨークからロンドンを経てパリに至る。

舞台がニューヨークから離れることはもともと言われていて、ひょっとするとキャストもニュート以外は一新されるのではと一時は思われていた。しかし、予告編の時点でティナ、ジェイコブ、クイニーが登場することが明らかになっていた。そして、前作で死んだと思われていたクリーデンスも。

新キャラも増加している。ニュートの兄テセウス。優秀で真面目で、魔法省に勤めつつ弟ニュートのことを気にかけている。また、前作ではニュートの部屋で写真のみの登場だったリタも出演。テセウスと婚約しているが、実はホグワーツ魔法魔術学校時代にはニュートとの思い出が少なくない。

そして前作より格段に増えたのが、ハリー・ポッターシリーズとの関連だ。クリーデンスと行動を共にするナギニは、ハリー・ポッターシリーズでは人間には戻れなくなってしまった蛇として登場している。パリ住むダンブルドアの友人で、ニュートたちをサポートするフラメルは、錬金術を駆使する長老で、この人が「賢者の石」を作ったそうだ。

ホグワーツ魔法魔術学校での生徒時代のニュートやリタたちのシーンもあり、後のハリーやロン、ハーマイオニーたちの姿とだぶる。そして、彼らを指導するアルバス・ダンブルドアも。どうやらこのときはまだ一教員で、校長ではないようだ。ダンブルドアとグリンデルバルドは同等の能力を持ち、かつては親友同士だったことが伺える。2人は、互いを攻めないという血の誓いを交わしていた。

キャストは、ニュートにエディ・レッドメイン、ティナにキャサリン・ウォーターストン、ジェイコブにダン・フォグラー、クイニーにアリソン・スドル、クリーデンスにエズラ・ミラー、そしてグリンデルバルドにジョニー・デップは、前作から続投。ダンブルドアはジュード・ロウ、リタはゾーイ・クラヴィッツとなっている。監督は、前作およびハリー・ポッターシリーズの後半4作を務めているデヴィッド・イェーツだ。

個人的には、ストーリー、キャラクター、映像美、ハリー・ポッターシリーズとの関連など、いろいろな意味で満足している。今作の終盤でいくつかの謎が明らかになり、次への展開に対する興味をかき立てるに余りある。ハリー・ポッターシリーズは全作後追いだったが、ファンタビはこれからもリアルタイムでフォローしていきたい。

関連記事

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 を読んだ

文芸雑誌ユリイカで、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。実は出版

記事を読む

ハリー・ポッター展

ハリー・ポッター展(2013年9月)

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催されている、ハリー・ポッター展を観に行ってき

記事を読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ヴォルテモートの復活を認めようとしない魔法省は、ハリーを強引に裁判にかけたり、魔法魔術学校に

記事を読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

両親のいないハリー・ポッターは人間の家に預けられて育つが、半ば虐げられている状態。11歳にな

記事を読む

ニューズウィーク日本版特別編集 『ハリー・ポッター』 魔法と冒険の20年 を読んだ

ニューズウィークの、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。ユリイカ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑