*

スパイダーマン3(サム・ライミ版:2007年)

公開日: : スパイダーマン

スパイダーマン3(サム・ライミ版:2007年)

ニューヨークの平和を守り、名誉市民として称えられるスパイダーマン。ピーター・パーカーは、ガールフレンドのメリージェーンにどうやってプロポーズするのかを考えている状態。しかし、彼女は夢だったはずの女優業が、悪評がもとで役を降ろされて落ち込む始末。そんな彼女とピーターとが噛み合うはずもなく、2人の間は徐々にギクシャクするハメに。

一方、「1」でゴブリンとなった父を殺したのがピーターだと思い込んでいるハリーは、ピーターに復讐を仕掛けてくる。そして、同じく「1」でピーターの叔父を殺した(と思われる)男が、刑務所を脱獄する。

CGの素晴らしさは相変わらずで、アクションシーンを一層リアルなものにし、スピード感と緊張感に溢れている。また、今回は敵がひとりではなくサンドマン、ヴェノムと登場し、三つ巴の戦いになる。こうした技術面やキャラクターも見どころのひとつだが、今回のテーマは「心」だと思う。主人公ピーターの心、メリージェーンの心、ハリーの心、サンドマンの心、ピーターを逆恨みしヴェノムになってしまう男の心などだ。人間としての弱さや欲があるゆえに、時には怒りや憎しみが湧き起こる。中盤では「黒い」スパイダーマンがお目見えするが、あれはピーターの心がダークサイドに染まったときの象徴だ。

その中盤でのピーターの変貌ぶりこそややイタイが、現実世界の中に起こりうるであろう出来事という作風を保つことには成功していて(「バットマン」シリーズもそうであってほしかった)、エンターテイメントとしての魅力も充分だ。前2作は、ラストがいずれも「次」を思わせる終わり方をしているが、今回はそうした演出はなく、割とあっさりと終わってしまっている。このシリーズ自体終わってしまい、この後キャストを一新して「アメイジング・スパイダーマン」が始まったため、このシリーズは監督の名を取って「サム・ライミ版」と呼ばれている。

現在、「ヴェノム」が公開中だが、設定は今作に登場するヴェノムとほぼ同一だ。黒いタール状の液体生命体で、宇宙から飛来。地球上ではほかの生命に寄生しなくては活動できず、そして高い周波数の音に弱い。若干異なると思うのは、今作では精神がダークサイドに寄った人間に寄生するが、「ヴェノム」では必ずしもそうとは限らず、何がしかの強固な意志を持つ生命体との相性がいいようだ。

関連記事

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

ピーター・パーカーは幼少期に両親から叔父夫婦に預けられて育ち、両親は事故死。高校生になったピ

記事を読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

犯罪者と戦うスパイダーマンはニューヨークのヒーローだが、ピーターはガールフレンドのグウェンに

記事を読む

スパイダーマン(サム・ライミ版:2002年)

原作は人気のアメリカンコミックであり、CGを駆使した映像美が評判を呼んだ。プラスして、200

記事を読む

ソニービルでアメイジング・スパイダーマン2のイベント実施(2014年5月)

銀座ソニービルの8階がOPUSというイベントスペースになっていて、「アメイジング・スパイダー

記事を読む

スパイダーマン2(サム・ライミ版:2004年)

人気アメコミヒーローの実写映画化第2作で、ストーリーは前作を引き継いでいるが、序盤は主人公ピ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑