*

アサイラム・レコードとその時代

アサイラム・レコードとその時代

「アサイラム・レコードとその時代」という本を読んだ。

アサイラム・レコードは、1971年にデヴィッド・ゲフィンが設立。ジャクソン・ブラウンを始めとするウエストコーストのアーティストを中心とし、70年代は隆盛を極めた。しかし、ゲフィンはやがてワーナーに売却し、以降はワーナー傘下の1レーベルとして機能。80年代や90年代にはその名はほとんど聞かれなくなるが、2005年に突如ソウル/ヒップホップ系レーベルとして復活し、現在に至っているらしい。

アサイラムというと、やはり70年代のウエストコースト勢やシンガーソングライターを多数輩出したレーベルというイメージが強く、もちろんこの本でもほとんど70年代を取り扱っている。ゲフィンはもともとアーティストのマネージメントをしているビジネスマンで、それがデビュー前のジャクソン・ブラウンのデモテープを聴いたことから、アトランティックを始め各レーベルを回っては売り込みに行った。しかし、自分でレーベルを作って売り出せばということを言われ、その通りにアサイラムを立ち上げてしまったとのことだ。ゲフィンはアサイラムをワーナーに売却した後は、映画制作にも進出。病気のため一時引退するが、復帰して今度は自身の名前を冠したゲフィン・レコードを立ち上げている。

この本は、冒頭にアサイラム・レコードの歴史の概略があり、中盤にアルバムガイド、後半にはレーベルゆかりのアーティストのインタビューや、当時の時代を知る人たちのコメントが掲載されている。単純にありがたいのはアルバムガイドで、ジャクソンを始めジョニ・ミッチェルやイーグルス、トム・ウェイツなど、なるほどという名が多数並ぶ。そうした中で、ミック・ジャガーの実弟であるクリス・ジャガーの作品もこのレーベルから出ていることを知り、びっくりした。クリスは、アサイラム初のイギリス人アーティストだったそうだ。

関連記事

ジャクソン・ブラウン―ヒズ・ライフ・アンド・ミュージック

ジャクソン・ブラウンのバイオグラフィー本を読んた。ジャクソンの祖父の代から話が始まり、少年時

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)_オーチャードホール東京最終公演

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)来日中

ジャクソン・ブラウンの来日公演が、今夜の名古屋から始まっている。ワタシは、13日の金曜日、東

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)@オーチャードホール

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)@オーチャードホール 2017年10月17日

約2年半ぶりの来日だが、直前に嬉しい贈り物があった。その前回の日本公演の音源を収録したアルバ

記事を読む

ジャクソン・ブラウンとカリフォルニアのシンガー・ソングライターたち

先月の来日公演も記憶に新しい、ジャクソン・ブラウン。来日にリンクさせるように、特集ムック本が

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)_オーチャードホール東京最終公演

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)オーチャードホール東京最終公演 #JacksonBrowne

約5年ぶりとなる、ジャクソン・ブラウン来日公演。この日は東京3公演目かつ通算4公演目にあたり

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑