*

文化庁メディア芸術祭に「ジョジョリオン」(2014年2月)

文化庁メディア芸術祭に「ジョジョリオン」(2014年2月)

六本木ヒルズから歩いて行ける国立新美術館にて、「文化庁メディア芸術祭」が開催されていた。

文化庁メディア芸術祭って何?と思うのだが、公式サイトを見ると、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、優れた作品を顕彰し、受賞作品を鑑賞する機会を提供する、とある。

文化庁メディア芸術祭に「ジョジョリオン」(2014年2月)

ワタシが観たのは、天井近くに設置されたオープンリールの機材から音が発せられ、リールが下に垂れてアートのようになっているもの。パソコンの内部をさらけだし、ジオラマの舞台にしたもの。エヴァンゲリヲン新劇場版の一部の展示。トラヴィスのPVと、その撮影風景もあった。

オープンリール

アート部門の大賞は、大きな振り子の揺れに磁石が反応し、その信号を受けてモニターが歪むという、装置は大がかりだがやっていることはシンプルという展示。帰宅後調べたら、手掛けたアーティストはカールステン・ニコライ。聞いたことのある名前で、アルヴァ・ノトとして坂本龍一と共演したこともある人だった。

そしてワタシにとっての目玉が、マンガ部門大賞の「ジョジョリオン」だ。現在連載中の「ジョジョの奇妙な冒険 第8部」で、受賞は嬉しさ半分意外さ半分といったところ。人気作品ではあるが同時に難解でもあり、メインストリームに位置しているとは思いがたい作風だからだ。

第1話の原画がショウウィンドウに飾られ、壁には一部の原画を引き伸ばしたパネルが数点展示されていた。劇中にはアーティスト名や曲名などが多数登場するが、作者の荒木飛呂彦は描くときに音楽をかけることも少なくなく、そのCDのいくつかも展示されていた。

ジョジョリオン原画

「文化庁メディア芸術祭」は、2014年2月5日から16日まで開催(現在は終了)。入場はなんと無料。写真撮影も、一部を除きおおむね可能となっていた。

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険 第6部: 空条徐倫 ―『石作りの海』(ストーンオーシャン)

2011年のアメリカが舞台で、単行本のカウントが1からになっている(ジョジョシリーズ連番も併

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険、雑感

30年以上に渡って連載されている、『ジョジョの奇妙な冒険』。ワタシは、第1部はリアルタイム、

記事を読む

ジョジョ展 in S市杜王町

「ジョジョ展 in S市杜王町」に行ってきた(5)原画展写真など

これまで掲載した以外にも写真があるので、あげておく。 【原画展】 出入り口には、歴代

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険 第7部:スティール・ボール・ラン

19世紀後半、アメリカ大陸を横断するレース「スティール・ボール・ラン」が開催され、それぞれ腕

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険 第3部:空条承太郎

舞台は第2部から50年後の1989年、つまり現代の雑誌連載時と同じ時間軸になり、そして主人公

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑