*

Cocco@フジロック’17

公開日: : Fuji Rock Festival'17 ,

Cocco@フジロック'17

先日の武道館2公演も記憶に新しく、大好きなアーティストなので、敢えて言おう。

出だしにつまずいた。

Coccoのマイクの音量が、足りなかった。また、Cocco自身の喉の調子も、最初のうちは微妙だった(歌い続けるうちに持ち直してきたけど)。第一声で思いっ切りブチ抜けば、彼女を知る人にもはじめて観る人にも、深く記憶に刻むことができたはずなのに、もったいないことをしたと思う。

というわけで『けもの道』『カウントダウン』の辺りは微妙だったが、大技『強く儚い者たち』を序盤に持ってきたのはいい構成で、これでオーディエンスを惹き付けることに成功したと思う。セットリストはフェス仕様らしくキャリア横断的だが、活動休止前の曲が多めだった。

『Raining』『焼け野が原』ではオーディエンスの反応もよく、そこへ『絹ずれ』の沖縄語バージョンを入れてくるところに、彼女の強い意思を感じた。『音速パンチ』では、イントロSEの後に鳴るはずのギターのリフがなく、少し遅れていた。ラストは、去年から今年にかけて締めくくりに持ってきている曲『有終の美』だった。

Coccoは白のロングドレスで、いつものように裸足だった。バンドメンバーはピンクの20周年ハッピを着ていたが、襟には「FUJI ROCK」と書かれていた。

Coccoのふだんのライヴとは異なる、よかったことがひとつある。ステージ両サイドのスクリーンに、彼女が何度となくどアップになったことだ。彼女のライヴでステージを捉えるスクリーンが設置されることはまずないので、リアルタイムで彼女の表情や動きを見られたのは貴重だった。必死の形相のときもあれば笑みを浮かべているときもあり、ライヴDVDで観るのとはまた違った彼女を観ることができたと思う。

関連記事

Coccoがフジロックに!

フジロックの出演アーティスト追加発表が、お昼前に公式サイトでされた。例年、最初に洋楽勢の発表

記事を読む

小沢健二@フジロック’17

渋滞のため、ホワイトステージにかかる橋のところから進みが遅くなった。エリア内は既にすし詰めで

記事を読む

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(QOTSA)@フジロック’17

待った。2002年にデイヴ・グロールがドラマーのQOTSAも観たことは観たが、その後2度に渡

記事を読む

ルーカス・グラハム(Lukas Graham)@フジロック’17

デンマークはコペンハーゲン出身の若手トリオ、と聞いていたが、ステージにはヴォーカル、ベース、

記事を読む

コーネリアスなど。フジロックフェスティバル’17(Fuji Rock Festival)、出演アーティスト&日割発表

前回発表から1ヶ月も空いたかと思えば、今回は2週連続で発表だ。それというのも、週のあたまに公

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑