*

オデッセイ(ネタバレあり)

オデッセイ(ネタバレあり)

火星での任務中、マーク・ワトニーは嵐で吹き飛ばされてしまう。チームはワトニーが死亡したと判断し、任務を切り上げて地球への帰途につく。‎しかし、実はワトニーは負傷はしたものの生きていた。火星にひとり取り残されたワトニーは、次にNASAが火星を訪れる4年後‎まで生き延びる決心をし、ジャガイモを栽培したり、4年後のチームが到着する位置までの距離や到着にかかる時間を計算する。

NASAはワトニーの死を公式発表するが、衛生写真で基地近辺に動きがあることを発見し、ワトニーが生きていることに気づく。ワトニーは通信機器をつなぎあわせて地球と文字による会話をし、自分が生きていることと、チームの判断は正しく、恨んでいないことを伝える。火星までの到着日数や限りのある食料などの制約がある中、NASAは、ワトニー救出を計画する。

予告編を観たときは、火星に取り残されたワトニーがモニターに話しながら記録する映像がほとんどだったので、ほぼひとり芝居の物語になるのかと思っていた。しかし、実際は火星のワトニーと地球のNASAでそれぞれの動きがあり、後半になると‎地球に帰還途中のチームも加わる。‎それぞれが同時進行で救出のために動き、緊張感が観る側にも伝わってくる。

監督はリドリー・スコット。宇宙ものは「プロメテウス」以来と思われるが、映像の美しさは今回も素晴らしい。ワトニーはマット・デイモン、チームのリーダーはジェシカ・チャスティン。2人とも、「インターステラー」に出演している。チームの女性クルーのひとりがケイト・マーラという人だったが、ルーニー・マーラの姉だそうだ。

この作品、言ってしまえば最初から結末がわかっているので、そこに至る過程こそが醍醐味になってくる。ワトニーは孤独に押し潰されることもなく、ジョーク満載でやりとげようとする。‎リーダーが残したBGMは20世紀のディスコミュージックばかりで、ワトニーにとっては最悪だったらしい(笑)。中盤でデヴィッド・ボウイ『Starman』が流れていたのは嬉しかった。

観ていて、「インターステラー」「ゼロ・グラヴィティ」が何度も頭をよぎった。‎いずれも、時代はそう遠くない未来と思われ、‎似通っているからだろう。

関連記事

幸せへのキセキ(2012年)

コラムニストのベンジャミンは、妻を亡くしたショックを引きずり、仕事をやめてしまう。反抗期の息

記事を読む

エリジウム(2013年)

西暦2158年、人々の生活は二極化していた。大気汚染や人口増加によって大多数の人は貧困に苦し

記事を読む

コンテイジョン(2011年)

香港への出張から帰宅したベスは、シカゴの自宅に帰宅後発熱と咳の症状が出て、やがて死亡。同じ頃

記事を読む

ディパーテッド(2006年)

ボストン。優秀な成績で警察学校を卒業したコスティガンは、警察からのスパイとしてマフィアに潜入

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑