*

フライト・ゲーム(ネタバレあり)

公開日: : 最終更新日:2016/10/29 リーアム・ニーソン

フライト・ゲーム

ニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に、乗客を装って乗り込む航空保安官ビル。携帯に送信者不明のメールが届くが、1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺すという脅迫だった。ビルは、同乗しているもうひとりの航空保安官に確認するが、彼は送信者ではなかった。しかし、ビルは再び彼を問い詰めると金が必要だったと漏らし、トイレ内で取っ組み合いになってやむなくビルはとどめをさす。

しかし脅迫メールはなおも続き、機長が2人目の、乗客の弁護士が3人目の犠牲者になってしまう。ビルは乗客の荷物や携帯を調べるが、手掛かりはなし。保安局を通じて乗客名簿を調べてもらうも、問題なし。そして、送金先の口座がビルの名義になっていたこと、アル中などの問題を抱えていることなどから、ビルが容疑者つまりハイジャック犯としてあげられてしまう。

劇中の舞台は飛行中の機内がほとんどで、密室劇と言っていいかもしれない。機内にいる誰かが犯人のはずなのだが、中盤まではまったくわからなかった。ビルを犯人に仕立てようという流れだったのだが、それはないと思っていたので、終盤に犯人が判明してほっとする(機長や弁護士を具体的にどうやって殺害したのかが、今一つはっきりしないけど)。

ビルをリーアム・ニーソン、ビルの隣の席になった事情を抱えている女性をジュリアン・ムーア。監督は「GOAL!2」も手掛けた人とのことで、ニーソンとは「アンノウン」でも仕事をしている。「アンノウン」もサスペンスの秀作だったが、今回もそれに並ぶ優れたストーリーだ。

No tags for this post.

関連記事

91lYQEGxhML._SL1500_

スリーデイズ(2011年)

妻と息子と暮らす大学教授のジョンは、平穏で幸せな日々を送っていた。それが、ある朝突然妻が殺人

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑