*

ザ・ウォーターボーイズ(The Waterboys)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 ,

グリーンステージ

グリーンステージ

結成31年目にして、なんと初来日なのだそうだ。長髪でメガネをかけたマイク・スコットは、いい歳の取り方をしているように見えるが、その見た目だけでなく、音の方も心地よかった。

ドラム、ベース、キーボードをバックにし、マイクのギターとスティーヴ・ウィッカムのバイオリンの絡み合いが素晴らしい。マイクの声質はボブ・ディランのように渋くてカッコよく、スティーヴは曲によりエレキバイオリンを手にして、攻めのプレイをしてみせる。アイリッシュテイストのサウンドが、この環境にとても合っている。

2日目午後のグリーンステージは、まったり感に溢れつつも名演・名場面が生まれやすいホットスポットだと思っていて、今年は、彼らがやってくれた。正直に言って、始まる前はマスト扱いしておらず、ヨメさんが興味を示したのにつられてちょこっと聴いただけだった。しかし、このときここにいて、彼らを観る選択をしたのは、大正解だったのだ。

開演前、堀江博久とジェームス・イハを目撃。周りに気づかれていない。

関連記事

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

バッファロードーター(Buffalo Daughter)@フジロック’14

観るのはたぶん9年ぶり。華奢な体にギターを背負うシュガー吉永、オルガンと曲によりベースの大野由美子、

記事を読む

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition 最速完全レポート!! フジロック&サマーソニック2014

というわけで、クロスビートのフェス速報号を、今度は間違えずに(笑)購入した。 表紙はア

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑