*

ジェームス・イハ(James Iha)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

James Iha@Orange Court

James Iha@Orange Court

ギター、キーボード(堀江博久)、イハという、シンプルな編成。真夏の昼間にソフトなアコースティックサウンドが心地いい。イハはほぼ1曲毎にセミアコを交換し、丹念に弾きながら歌う。曲によっては、ドラムマシーン「マイケル」も使い、リズムを組み入れていた。

スマパン時代のイハがリードヴォーカルをとった『Blew Away』を、まさかの披露。そして、恐らくこの人のキラーチューン『Be Strong Now』は、今回は出だしではなく終盤のギアチェンジにて放たれた。ラスト2曲は、スマパン『Mayonaise』にローリング・ストーンズ『Salt Of The Earth』!ファンサービス?にしても、豪華すぎる。

関連記事

Flowers Of Romance image

高橋幸宏@フジロック’14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、ト

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

ザ・ウォーターボーイズ(The Waterboys)@フジロック’14 #fujirock

グリーンステージ結成31年目にして、なんと初来日なのだそうだ。長髪でメガネをかけたマイク・スコットは

記事を読む

ロッキングオン、夏フェス特集

毎月1日に発売されるロッキングオンは、9月発売号はフジロックとサマーソニックの夏フェス特集を

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑