*

「 ジュード・ロウ 」 一覧

ガタカ(1997年)

遺伝子操作が可能になった近未来。遺伝子操作により生まれた子は適正者、そうでない子は不適正者となる。不適正者は適正者よりも勉学やスポーツなどで劣り、就職でも差別を受けていた。 不適正者のヴ

続きを見る

A.I.(2001年)

近未来。ヘンリーと妻モニカのもとに、少年型ロボットの試作機デイビッドが送られる。ふたりにはマーティンという息子がいたが、不治の病のためコールドスリープが施され、目覚める保証はないとされていた。

続きを見る

Dr.パルナサスの鏡(2009年)

パルナサス博士一座の出し物は、客の想像力を喚起して、鏡の向こうの世界で具現化させるというものだった。しかし博士は、娘が16歳になったら悪魔に差し出すという取引をしていた。悪魔は、鏡の中の世界で

続きを見る

ヒューゴの不思議な発明(2012年)

原題はシンプルに「HUGO」なのだが、邦題には「不思議な発明」とついている。がしかし、ヒューゴは「修理」はしたが「発明」はしていないよ、というツッコミをまずは入れておく。 第一次大戦後の

続きを見る

コンテイジョン(2011年)

香港への出張から帰宅したベスは、シカゴの自宅に帰宅後発熱と咳の症状が出て、やがて死亡。同じ頃、香港のウエイターや日本人ビジネスマンも同じ症状で死亡する。死者の共通点は、香港のカジノにいたこと。

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑