*

スパイダーマン:スパイダーバース(日本公開2019年)

公開日: : 最終更新日:2022/01/13 スパイダーマン

スパイダーマン:スパイダーバース

高校生のマイケル・モラレスは、駅の地下道で犯罪組織が巨大なマシンを使って異次元との扉を開く実験をする場に居合わせてしまう。そこへスパイダーマン(ピーター・パーカー)が現れるが、組織のキングピンに殺害されてしまう。

クモに噛まれて特殊な能力を得たマイケルは、ピーターの遺志を継いでスパイダーマンになる訓練を始めるうち、別の次元から転送されてきたスパイダーマンたちと邂逅。ピーター・B・パーカー、グウェン・ステイシー、・ノワール、未来世界の少女ペニー、子豚のスパイダー・ハムだ。彼らはこの世界では徐々に弱っていて、マイケルは彼らを元の世界に送り返すことを決意する。

実写ではなくアニメで、3年前に『ヴェノム』を観に行った際、エンドロールの後にこの作品のショートムービーが流れたのを観たのが最初だった。スパイダーマンが死ぬ一方でたくさんのスパイダーマンが出てきて、なんじゃこりゃと思った記憶がある。正式に観て、やっと全体像がわかった。

本作の敵は、組織のボスのキングピンを筆頭とし、女性科学者のドクター・オクトパス、グリーン・ゴブリン、スコーピオン、トゥームストーンら。キングピンは巨漢だが特殊な能力は持っておらず、生身にして強靭なヴィランだった。

一方のスパイダーマン側は、上述の通り多種多様。主人公マイケルも黒人少年で、ボーダーレスを表現しているものと思う。ただ、ヴィランたちと戦うために集結したのではなく、自らの意思とは関係なく引き寄せられてしまった体だ。なので、個人的には今ひとつしっくりきていないが、別の次元を描写したのは、後のMCU版スパイダーマンに生きてくる。

関連記事

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

ピーター・パーカーは幼少期に両親から叔父夫婦に預けられて育ち、両親は事故死。高校生になったピ

記事を読む

スパイダーマン3(サム・ライミ版:2007年)

ニューヨークの平和を守り、名誉市民として称えられるスパイダーマン。ピーター・パーカーは、ガー

記事を読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(少しネタバレ)

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(少しネタバレ)

シンビオートのヴェノムと一体化し、奇妙な共同生活を送るエディ・ブロック。刑務所に収監されてい

記事を読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

犯罪者と戦うスパイダーマンはニューヨークのヒーローだが、ピーターはガールフレンドのグウェンに

記事を読む

スパイダーマン2(サム・ライミ版:2004年)

人気アメコミヒーローの実写映画化第2作で、ストーリーは前作を引き継いでいるが、序盤は主人公ピ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑