*

U2『The Unforgettable Fire(Deluxe Edition)』

公開日: : 最終更新日:2019/11/17 U2

U2『The Unforgettable Fire(Deluxe Edition)』

U2が1984年にリリースした通算4枚目のアルバム『The Unforgettable Fire』が、デラックスエディションとして再発されていた。オリジナルCD、ボーナスCD、ボーナスDVDという内容で、装丁は『The Joshua Tree』のデラックスエディションとほぼ同じ大きさだ。

まずはCD。オリジナル盤はリマスター処理がされ、音に奥行きが出てきたような感覚を受ける。ボーナスCDは、この時期のシングルのカップリングや未発表ライヴ音源など。アムネスティ・インターナショナルに提供した曲が収録されていたのは、儲けた気分である。

DVDは、この時期の映像を集約したものだ。VHSでリリースされていたPV集やアルバムのメイキング(実は2003年リリースのライヴDVD『Go Home: Live From Slane Castle』にも収録)、ライヴエイドのパフォーマンスなどだ。初出はないと思われ、寄せ集めの感は拭えない。そこが『The Joshua Tree』デラックスエディションとの決定的な違いだが、ワタシは、総集編的な内容での再発を否定はしないし、むしろ歓迎する。

当時はこの作品を聴いていて、全体的に地味な印象だった。今回改めて聴いてもやはり地味だとは思うが、渋味と味わいが聴きごたえとして受け取ることができた。もっと再評価されていい作品ではないかと思う。その最たるが『Bad』で、ライヴエイドの演奏でも長尺となってドラマ性を帯びている。こんにち、この曲はライヴでのマストソングにはなっていないが、『Pride』に劣らず、『MLK』にもひけを取らない名曲だ。

プロデューサーにブライアン・イーノを迎え、アメリカと向き合い始めた作風は、次の『The Joshua Tree』にて結実する。

関連記事

ゲット・ラウド~ジミー・ペイジ、ジ・エッジ、ジャック・ホワイトの共演(日本公開2011年)

ジミー・ペイジ、U2のジ・エッジ、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、と、世代を超

記事を読む

U2『Under A Blood Red Sky(Deluxe Edition)』

U2初のライヴアルバムとライヴ映像が、デラックスエディションとして1つのアイテムになって限定

記事を読む

ナイン・インチ・ネイルズらが参加したU2トリビュート『Achtung Baby Covered』

Nine Inch Nails - Zoo Station U2 (Jacques Lu

記事を読む

U2『The Joshua Tree(30th Super Deluxe Edition)』

1987年にリリースされた、U2のアルバム『The Joshua Tree』。バンドが生んだ

記事を読む

U2熱

3年半ぶりの新譜『All That You Can't Leave Behind』を買って聴

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑