*

「細野晴臣デビュー50周年記念 細野観光」を観に行ってきた

公開日: : YMO , ,

「細野晴臣デビュー50周年記念 細野観光」を観に行ってきた

六本木ヒルズの展望台である東京シティビュー内で開催されている、「細野観光」に行ってきた。タイトルの通り、今年2019年は細野にとってデビュー50周年にあたり、記念公演やドキュメンタリー映画公開など、いろいろ催されている。

この展示は、まず本人が使用していたギターやベースなどを飾ったタワーがあって、その後本人の誕生から現在に至るまでを、6つのブースに区切って紹介している。音声ガイドは別料金だが、担当の顔ぶれが豪華だったこともあって、利用しながら見て回った。ブースはだいたい以下(カッコ内は音声ガイド担当者)。

・生誕からプロデビューまで(細野)
・1969~1973:はっぴぃえんどなど(ナイツ塙)
・1974~1978:ソロ活動始動(星野源)
・1979~1983:YMO時代(
・1984~2004:(水原希子)
・2005~:(クラムボン原田郁子)

展示物は、細野自身が使っていたギターやベース、シンセサイザーのほか、民族楽器などをも含んだ楽器類(木片を組み合わせて弾く、ダクソフォンもあった)。各時代時代でリリースしたアルバムやシングルのアナログ盤やCD、カセットなど。『君に胸キュン』PVや、水原姉妹と民族楽器を触る映像もあった。

シンセサイザー

民族楽器など

本人が執筆し出版された書籍が、意外に多くて驚いた。絶版になっているものも少なくないかもしれないが、今からでも手に入れられそうなのはあるかな。

少年期に読んでいた本もあって、物持ちいい。マンガは、少年チャンピオンコミックスが多かった印象だ。同じく少年期に自作したマンガもあって、白土三平の『サスケ』『カムイ伝』を意識したような時代劇ものだった。プロデビューしてからのノートでは、Mではじまる単語の羅列という、奇妙なものも。

メディア関連では、自身の活動のプロモーションにあたるフライヤーやインタビュー記事などがある中、タイタニック号沈没の英字新聞も。細野の祖父がタイタニック号に乗船していたのは有名な話だ。

展示のほぼ最終に、2~3人がはいれる小さなドームがある。細野の音楽を宇宙と交信した体で聴くという趣向で、ドーム内には無数のスピーカーがあり、おのおのから複数の音色が発せられて、音が立体的かつ浮遊感があるように感じられた。

ドームの中

この展示は、本日10月4日からスタートし、11月4日まで開催。ワタシは、偶々立ち寄った六本木のトムズというドラッグストアで300円割引券を頂戴して利用した。チケット売り場はバスキア展や展望台目当ての客もいて、平日にしてはかなり混んでいたが、細野観光自体はゆったり観ることができた。一部を除く大多数の展示物はが撮影OKだったのも嬉しいところ。

細野の自筆イラスト

関連記事

坂本龍一|設置音楽展

坂本龍一|設置音楽展に行ってきた

新譜『async』リリースに伴う坂本龍一の展示が、4月から開催されていた。今までそれに気づか

記事を読む

YMO楽器展

YMO楽器展

東京ビッグサイトで開催されている楽器フェアを覗いてきた。楽器など手にしたことのないワタシ

記事を読む

METAFIVE@Zepp Divercity 2016年12月3日

土曜日の公演でライヴハウスでMETAFIVEなのだから、当然完売。グッズの先行販売にも長蛇の

記事を読む

Flowers Of Romance image

WORLD HAPPINESS 2015、出演アーティスト発表

高橋幸宏がキュレーターを務め、毎年8月に東京で開催されている野外フェス、ワールドハピネス。今日、出演

記事を読む

ロック・クロニクル・ジャパン Vol.1 1968ー1980

個人的に、洋楽ロック史はざっくりではあるが認識しているつもりでいる。しかしながら日本のロック

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑