*

メン・イン・ブラック3(2012年)

メン・イン・ブラック3(2012年)

宇宙人から地球を守るメン・イン・ブラック(MIB)エージェントの腕利きコンビ、JとK。しかし、40年前にKが逮捕し月の刑務所に収監していた宇宙人ボリスが脱獄し、40年前にタイムスリップしてKを殺してしまう。ある日突然Kはいなかったこととなり、JだけがKと共に過ごした記憶を持つ。Jは、Kが殺される40年前にタイムスリップし、Kの救出とボリスの捕獲を試みる。

前作から実に10年ぶりとなる、人気SFコメディ映画のシリーズ3作目。Jをウィル・スミス、Kをトミー・リー・ジョーンズはお馴染み。上司のOを、エマ・トンプソン。今回、ストーリー上40年前の世界が中心となり、トミー・リー・ジョーンズはぶっちゃけ出番が少ない。その代わり若きKを演じているのが、ジョシュ・ブローリン。結構似ていて違和感ないし、現在のKほど堅物でもなく、ユーモラスでありつつ情もあるという、味のある役どころだ。

ジョシュ・ブローリンは、現在はマーベル・シネマティック・ユニバースでのサノス役が強烈なインパクトを放っているが、話題作に出始めたのはこの作品の辺りからではないかと思う。私生活では、公開当時は奥さんがダイアン・レインだった(2013年に離婚し、その後他のパートナーと再婚している)。

40年前のニューヨークということで、アンディ・ウォーホールのファクトリーに潜入する場面がある。アンディは、実はエージェントがヅラをかぶっていたという設定だ。この人と若きKとの会話から、ミック・ジャガーは宇宙人ということになっている。また、ボブ・ディラン的な人もちらっと見かけた。

カメオ出演している人が、結構いるようだ。ワタシが観てわかったのは、タイムスリップ前のエージェントのオフィスでのレディ・ガガくらいだ。

関連記事

メン・イン・ブラック インターナショナル

メン・イン・ブラック インターナショナル(ネタバレあり)

幼い頃、自宅に紛れ込んでいたエイリアンを逃がしたモリー。大人になった彼女はMIB本部に潜り込

記事を読む

メン・イン・ブラック2(2002年)

エージェントJはメン・イン・ブラック(MIB)の敏腕エージェントになったが、パートナーと相性

記事を読む

メン・イン・ブラック(1997年)

ニュー・ヨーク市警のジェームズ・エドワーズ刑事は、犯人を追ううちにその男が尋常ではない身体能

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑