*

旧バターシー発電所:ピンク・フロイド『Animals』ジャケット写真の地(2019年4月30日)

ピンク・フロイドは、1977年にリリースしたアルバム『Animals』のジャケット撮影場所として、バターシー発電所を選んだ。発電所は1983年に閉鎖され、現在はホテルやショッピングセンターなどの再開発中とのこと。テムズ川をはさみ、できる限り発電所に接近して撮った写真は以下。

旧バターシー発電所

『Animals』のジャケットはこんな感じ。

ピンク・フロイド『Animals』

MI6本部のある、ヴォクスホールブリッジから撮った写真は以下。遠目だが、コチラの方がジャケットの雰囲気に近いかも。

旧バターシー発電所をヴォクスホールブリッジから

帰国後少し調べてみたのだが、『Quadrophenia/四重人格』の内ジャケでバターシー発電所が撮影場所に使われていることがわかった。コチラは1973年リリースで、実はピンク・フロイドに先んじている。

Battersea music covers: from Quadrophenia to Animals(Videomusic)

関連記事

マーク・ボラン最後の地(2019年4月28日)

T.レックスのマーク・ボランは、自分が30歳になる前に死ぬという予言めいたことを言っていた。

記事を読む

ガーデンロッジ

ガーデンロッジ:フレディ・マーキュリーが晩年住んでいた邸宅(2019年4月28日)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」をきっかけに、昨年秋から空前のクイーンブームが起こって

記事を読む

ビル・ワイマンズ・スティッキー・フィンガーズ

ビル・ワイマンズ・スティッキー・フィンガーズ(2019年4月28日)

元ローリング・ストーンズのベーシスト、ビル・ワイマンがオーナーを務めるレストラン、ス

記事を読む

サビル・ロウ

サビル・ロウ(1):映画「キングスマン」ロケ地(2019年4月30日)

サウスケンジントン駅からピカデリーラインに乗り、繁華街のピカデリーサーカス駅で下車。象徴的なLEDモ

記事を読む

サプライズビュー

湖水地方(2019年4月29日)

今回の旅行では、ロンドンから日帰りで行けそうなところに1日充てようと考え、湖水地方に行くことにした。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑