*

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年)

公開日: : 最終更新日:2020/03/07 伝記映画

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

。家庭環境の問題をまぎらわすため、ジェームズは麻薬に手を出してはやめ、を繰り返し、路上生活者になってしまう。ソーシャルワーカーによって住宅を得たところに、見知らぬ猫が侵入。追い出そうとするも結局追い出せず、飼うことになる。隣人ベティによって、猫はボブと名付けられた。

路上ライブに向かうジェームズに、ボブはついて来てしまう。仕方なくボブを連れて弾き語りライブをするジェームズだが、ボブの可愛さに惹かれてたくさんの人が集まり、ライブは大成功。しかし、ささいなことがきっかけで路上ライブは禁止され、生活のためビッグイシュー販売員になる。ボブを肩に乗せて販売しているのが評判になり、一時は売り上げを伸ばすのだが、他の販売員とトラブルになり、販売禁止を言い渡されてしまう。

ジェームズは、序盤は生活もままならないどん底状態だが、ベティやボブとの出会いによって運気が上昇。しかし中盤ではいろいろトラブルになってしまい、ベティには麻薬中毒者だったことがばれて絶交され、更にはボブがいなくなってしまい、と、更なるどん底状態に。これどうなってしまうんだ?と観る側を不安にさせるが、最後には持ち直す。 

実話をもとにした映画とのこと。  演じている人で、ワタシが知る人はひとりもいなかった。監督はロジャー・スポティスウッドという人で、「48時間」や「007トゥモーロー・ネバー・ダイ」なども手がけているとのこと。しかし、ボブはなんと本人(猫)が演じているとのこと。動きも表情もナチュラルで、カメラでどアップになっても暴れることがない。見事だ。エンドロールでは、ジェームズとボブの写真が流れるほか、ジェームズ本人もカメオ出演している。

ジェームズが路上ライブをおこなっていたのは、コヴェント・ガーデン。ロンドン中心部に近く、大道芸をする人もいて、毎日マーケットも開催され、と、結構賑わっているところだ。

関連記事

ユナイテッド93(2006年)

2001年9月11日にアメリカで起こった、同時多発テロ事件。4機の旅客機がハイジャックされ、

記事を読む

ハドソン川の奇跡(2016年)

2009年1月。ラガーディア空港を離陸した1549便は、鳥の群れに遭遇。鳥が両翼のエンジンに

記事を読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(ネタバレあり)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(ネタバレあり)

最初に書いてしまうと、邦題には違和感がある。2人を対等に描いてはおらず、ほぼメアリーの物語だ

記事を読む

女王陛下のお気に入り(2018年)

18世紀の英国はフランスと戦争状態だったが、アン女王は体調が優れないこともあり、側近のサラに

記事を読む

ワールドトレードセンター(2006年)

2001年9月11日のニューヨーク。いつもと変わらない平穏な日常のはずが、突如航空機が世界貿

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑