*

グリーンブック(ネタバレあり)

公開日: : コメディ

グリーンブック

1962年のニューヨーク。ナイトクラブで用心棒をしている、トニー・ヴァレロンガ。クラブが閉鎖になってしまい、カーネギーホールで暮らす黒人ピアニストのドン・シャーリーの、アメリカ南部ツアーの運転手兼用心棒の仕事を引き受ける。

ドンは世界的なピアニストだが、アメリカ南部では多くの差別を受ける。宿泊できるホテルは制限され(タイトル「グリーンブック」は黒人が宿泊可能なホテルをまとめた冊子のこと)、白人とは別のトイレ、楽屋は物置き、バーでは絡まれ、警察には言いがかりをつけられる。しかしドンは誇りを失わず、毅然とした態度を崩さない。

トニーにも、黒人に対する差別意識はあった。序盤、自宅に来た黒人2人が使ったコップをゴミ箱に捨てている。しかし、共に旅をする中、ドンの姿勢を見て考えが変わってくる。トニーのツアースケジュールをキープしようとし、給料のためだけでなく、時には危険や差別からトニーを守る。トニーのプロ意識の高さに、ドンの見方も変わってくる。

トニーとドンは境遇もキャラクターも真逆だが、いろいろと複雑で、単純にイタリア系白人と黒人ピアニスト、とは言い切れない。トニーはニューヨークのブルックリンに暮らし、生活は決して裕福とは言えない。がさつでことば使いも乱暴だが、家族想いの一面もある。ドンは天才ピアニストでいくつもの博士号を持つ知性があるが、妻とは離婚し家族とは連絡をとらず、そして公にはしたくないセクシャルな一面も持っている。そんな2人は、いつしお互いを補い合う仲になる。

トニーを、ヴィゴ・モーテンセン。かつては「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで王子アラゴルンを演じ、凛々しいイメージだった。今回は、役のために14キロ増量して肥満体になり、劇中では常にタバコを吸い、食べ続けていて、アラゴルンの面影はほとんどない。ドンはマハーシャラ・アリという人で、教養はあるが常に気難しそうにしている、複雑な役柄をこなしている。

実話をもとにした作品で、脚本にはトニーの息子さんも携わっているとのこと。先日発表されたアカデミー賞で、今作は作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞している。予告編を見ていたときは、マハーシャラ・アリの方が主演でヴィゴ・モーテンセンが助演に見えたが、本編ではヴィゴ/トニーの側から描かれている。ヴィゴも、主演男優賞にノミネートされていた。

真逆の男性2人が当初は違和感を抱えながら徐々に打ち解けていく、というプロットは、以前「最強のふたり」で観ている。なので、個人的にストーリーとしての真新しさは感じない。が、ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリの存在感の大きさやキャラクターの強さが突出していて、このふたりが演じるトニーとドンもまた「最強のふたり」だと言いたくなる。エンドロールの直前にその後のふたりについて紹介されていて、生涯を通じて友人であり続けたとのこと。そして2013年、数ヶ月の差で共に亡くなられたそうだ。

関連記事

宇宙人ポール(2012年)

アメリカのコミケにイギリスからやってきた、グレアムとクライブ。しかし2人の目的はコミケだけで

記事を読む

最強のふたり(2012年)

事故で首から下が麻痺している大富豪のフィリップは、介護者を面接。失業手当目当てに不採用の証明

記事を読む

ノッティングヒルの恋人(1999)

ロンドン西部ノッティングヒルで、旅行書専門の書店を営んでいるタッカー。ハリウッド女優のアナが

記事を読む

キンキーブーツ(2006年)

父の急死で靴工場を相続した主人公チャーリー。しかし工場は倒産直前で、父はそのことを従業員に隠

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑