*

セイント・ヴィンセント(St. Vincent)@サマーソニック’18

公開日: : 最終更新日:2018/08/20 Summer Sonic 2018 ,

セイント・ヴィンセント(St. Vincent)@サマーソニック'18

観るのは去年のサマソニ深夜のホステス・クラブ・オールナイター以来で、そのときはアニー・クラークひとりだけの、ある意味スペシャルなライヴだった。今回は、バンド編成でのライヴだ。

ステージには横長のひな壇が設置され、まずはドラムとキーボードの人がスタンバイ。薄い灰色のツナギのような衣装に加え、覆面をしている。そして、ベースの日本人女性も登場。レオタードと思しき衣装で、髪は三つ編みにしている。最後にアニー・クラークが姿を見せた。赤いエナメル地のボディコンで、おまけに超ミニだ。ひな壇の前をゆっくりと歩き、春日かよとツッコミたくなる(笑)。

アニーは向かって左端に陣取るが、これはギターを交換しやすくするためだろう。実際ほぼ1曲毎に交換するのだが、ボディカラーが異なるだけでぜんぶ同じ型なのでは?この人の場合、ギターは音を発する楽器としてだけでなく、見せるアートとしてのこだわりもあるのかもしれない。

ヴォーカルは相変わらずシャープで透き通っていて、耳にして心地がいい。間奏ではひな壇の前の方に踊り出て、ノイジーなリフを炸裂させる。女性ソロシンガーで、ここまで激しくそして凄まじいギターを弾く人が、ほかにちょっと思い浮かばない。これだけでも唯一無二の存在だ。ひな壇にはペダルもなく、袖の方でスタッフが操っているのかな。

バックドロップに流れる映像は、同じ曲でも去年と変えていてびっくり。去年のライヴのスペシャル感が更に増すと共に、映像に対する彼女のこだわりが感じられる。そしてもっとびっくりしたのは、アニーが思いのほかリラックスしているさまが伺えたことだ。

微笑みを浮かべながら歌っているのがサイドのスクリーンにアップになったり、隣の日本人女性とアイコンタクトを取っていたり。日本語を交えたMCも多かったし、歌いながら「summer sonic」のフレーズを組み込んでみたり、オーディエンスに手拍子を求めたり。今までの彼女は、自らをマネキン化させたような無機的なパフォーマンスをする人というイメージがあったので、意外だった。いや、でも嬉しい。

ここ数年の彼女の来日公演は、フェスによるものだ。そろそろ、単独来日が実現してもいいのではと思う。

関連記事

ビートニクス(The Beatniks)@サマーソニック'18

ビートニクス(The Beatniks)@サマーソニック’18

ステージ上には、ところ狭しと機材が設置された。それもそのはずで、ビートニクスは高橋幸宏と鈴木

記事を読む

マーソニック’18(Summer Sonic)を振り返る – アーティスト編

サマーソニック’18(Summer Sonic)を振り返る – アーティスト編

【期待以上によかった】 ナイン・インチ・ネイルズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、セイン

記事を読む

ソニマニとサマソニ、今年は久々にフル参加

サマーソニックやソニックマニアについては、ラインナップを見て行く行かないかを決めている。

記事を読む

スパークス(Sparks)@サマーソニック'18

スパークス(Sparks)@サマーソニック’18

これまで2度のフジロックとサマソニ(フランツ・フェルディナンドとのF.F.S.)への出演があ

記事を読む

マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(My Bloody Valentine)@ソニックマニア'18

マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(My Bloody Valentine)@ソニックマニア’18

その轟音爆音のスタイルゆえか、マイブラのライヴでは客に耳栓が配布される。では今回のようなフェ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑