*

ベン・ハワード(Ben Howard)@フジロック’18

公開日: : Fuji Rock Festival'18

ベン・ハワード

フィールド・オブ・ヘヴンで、予定より10分遅れて登場。バンド編成でウッドベースやストリングスを率いていて、自身はピアノを弾きながら、あるいはセミアコを弾きながら切々と歌う。ポップだが素朴な佇まいは、ヘヴンの雰囲気には合っているかな。

関連記事

赤いゴンちゃん@フジロック'18

フジロック’18(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 当初は台風直撃が懸念されていたが、少しそれたため、開催に大きな影響はなかった。前

記事を読む

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック'18

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック’18

結論から書くと、めっちゃカッコよかった。銀髪のおばさんメリル・ガーバスすごかった。 緻

記事を読む

ストレイテナー@フジロック'18

ストレイテナー@フジロック’18

個人的に何度も観ているバンドだが、フジロックではなかなかタイミングが合わず、今回やっと観るこ

記事を読む

イヤーズ&イヤーズ(Years And Years)@フジロック'18

イヤーズ&イヤーズ(Years And Years)@フジロック’18

ドラム、キーボード、プログラミング、コーラス、そしてヴォーカルというユニット。ミディアムチュ

記事を読む

VORB

HVOB@フジロック’18

レッドマーキー深夜の部最初のアクト。機材セッティングを、自分たちでやっていた様子。ドラム、プ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑