*

GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い(2005年)

公開日: : サッカー

GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い(2005年)

メキシコからロサンゼルスに不法入国し、苦しいながらもなんとか生活していくサンティアゴ・ムネスの一家。彼が草サッカーをしているところをプレミアリーグの元スカウトがたまたま見かけ、イングランドのニューカッスル・ユナイテッドへのトライアルを受けることに。サンティアゴは夢を賭けて渡英し、何度も挫折しかけるもその都度這い上がり、ついにはピッチの上に立つ。

「友情・努力・勝利」という、少年ジャンプ的な展開。もちろん恋愛模様もあって、サッカーを題材にした典型的なサクセスストーリー、と言ってしまうのは簡単だ。しかしこの主人公サンティアゴに感情移入しながら観てしまうと、泣けるシーンがいくつもある。

サンティアゴのおばあさんが、孫の夢の実現のためにお金と航空券を用意してくれたシーン。夢を追いかける息子と反目していた父が、パブにこっそり試合を見に来るシーン。サンティアゴがはじめてベンチ入りし、スタメン選手のケガで交代選手として呼ばれるシーン。夢を追いかけ、実現するために立ち向かうことの素晴らしさと美しさを、教えてくれる。

泣けるのは、俳優陣の演技やストーリーの展開ばかりでなく、音楽もその一因だ。オアシスの『Cast No Shadow』『Morning Glory』、そしてこの映画のために作られた新曲、カサビアンの『Club Foot』などが劇中で流れるのだが、UKロックはサッカーにとてもフィットしていることを改めて実感した。

この映画は3部作になっていて、第2作でサンティアゴはレアル・マドリードに移籍、そして第3作はワールドカップが舞台になる。劇中、ベッカムやジダンが本人役でちょこっとだけ登場するが、それは第2作への布石だったのだろう。

関連記事

GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦(2007年)

プロサッカー選手になるという夢を実現し、プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドに入団し

記事を読む

GOAL!3(2009年)

FIFAが全面協力して作られたサッカー映画で、「Goal!」「Goal!2」に続く3部作の完

記事を読む

シュート!(1994年)

天才的プレーヤー久保にあこがれて、静岡県掛川高校サッカー部に入部した田仲俊彦(トシ)。同級生

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑